セミリタイアと、アーリーリタイアとの違い

スポンサーリンク

「セミリタイアとアーリーリタイアと何が違うの?」

そう感じた事はありませんか。

どちらも大きな違いは無いようにみえます。

ところがこの二つは似て非なるものなのです。

アーリーリタイアとセミリタイアの違いとは

アーリーリタイアとは早期リタイアのこと。

定年退職がある職業従事者が、定年前に退職することです。

一方のセミリタイアとは完全リタイアにまでは至らないのです。

つまりは収入を得るために、労働時間を限定した生活を送ることを指します。

アーリーリタイアとセミリタイアの違いとはリタイアメントが

  • 完全
  • 部分的

であるかの差。

たとえば週休二日制の職場を考えてみましょう。

通常は週に5日間は労働するわけです。

アーリーリタイアとセミリタイア、それぞれの週の労働日を簡単に示すとご覧の通り。

  • アーリーリタイヤ:0日
  • セミリタイア  :5日未満

労働日(自分が望まない)で表すと、アーリーリタイアとセミリタイアの違いは大きなものであるとわかります。

スポンサーリンク

アーリーリタイアもセミリタイアも、目的は時間持ちであることに違いはない

上図は、アーリーリタイアする際のコンセプト図です。

アーリーリタイアをする際には、目的をもっていた方が好ましい。

さもとないとアーリーリタイアは失敗しやすいといわれます。

つまりアーリーリタイアの際には生きがい・やりがいを事前に把握しておかないと、手持無沙汰になってしまう可能性が高いようです。

参考生きがいとは何か? 定年退職後・アーリーリタイア編

一方のセミリタイアではどうでしょうか?

セミリタイアには「労働時間を限界にまで削減した生活をする」という目的があるのです。

時間持ちを目指すという方向性が、セミリタイアではより明確になっています。

であるとすれば、セミリタイアをする前にまず考えておきたいことが出てきます。

  • 今の労働時間を減らせないかどうか
  • 休日をしっかりとれる方法

いずれにしても、アーリーリタイアとセミリタイアともに時間持ちになることに変わりはありません。

人生100年時代、早期退職・アーリーリタイアしたら何をするか? リンダ グラットン著「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」では

セミリタイアをする前に、いまの労働時間を減らす努力をしよう

 労働経済の推移と特徴

出典:労働経済の推移と特徴

上図は厚生労働省の資料をもとに作成されている、一般労働者の月間総実務労働の推移です。

  • 青:所定労働時間
  • ピンク:所定労働時間

青色の所定内労働時間は2007年から2015年にかけて僅かながら減少しています。

所定内労働時間が絶対値にして2.5時間、相対値では2%の減少していました。

ちなみにこの図では所定内外労働時間比率についてミスリードを引き起こしかねません。

所定内・外の棒グラフがほぼ同じ長さにみえるからです。

労働時間を削減した後に、セミリタイアを検討するという手もある

出典:労働経済の推移と特徴

出典:労働経済の推移と特徴

バーグラフのように縦軸を省略せず、労働時間の数字を円グラフにしてみました。

所定外労働時間がかなり少なく見えます。

いわゆるサービス残業といわれる労働時間が反映されていないのかもしれません。

所定外労働時間が14.5時間/月ということは、1日1時間も残業していない計算となります。

これは理想の働き方です。

長時間労働や残業がイヤでセミリタイアを目指す場合、厚生労働省の把握している通りの労働時間に合わせてみたいですね。

つまり残業をせず基準の労働時間だけで働くということ。

それでもまだセミリタイア希望があるなら、心の底から思っているということです。

定時に帰ることが日常になり、それでもリタイア志向ならば早期退職やセミリタイアを検討するという手順です。

私はいままさにチャレンジ中。

生産性を向上し労働時間の削減することにより、サラリーマンとしての時給を上げるのです。

アーリーリタイアやセミリタイアをする前に、しっかりと労働時間を少なくしておきましょう。

参考30代で計画したアーリーリタイアは、40代で達成可能なのか?

セミリタイアしないで仕事をつづけるという方法もある

仕事がほどほどに続けられるなら、セミリタイアしなくてもよいです。

また時間持ちになったとしてもやりたいことがなければ、適当にサラリーマンを続けてもよいのかもしれません。

いずれにしても、仕事をつづける・やめるというという、いずれの選択肢でも選べる状態になっておくことが望ましいです。

仕事がイヤだからリタイアする、ということではなくもうちょっとポジティブな理由で私はアーリーリタイアを目指していこうと思います。

アーリーリタイアメントを目指す理由 ブログで事前に宣言した上で、アーリーリタイアできると証明したい 私はブログ上で「アーリー

アーリーリタイア+経済的自由のFIREという生き方

米国では、FIREという生き方が一部若者の中で流行っているようです。

FIREとは、Financial Independence, Retire Earlyの略で、経済的自由を得た上でアーリーリタイアをすることを意味します。

経済的自由を達成するためには、不労所得を積み上げることが有用です。

FIREとは、経済的自由(独立)・早期退職する生き方 英語でfireというと、クビ・解雇といった意味となります。 ところがもっとポジ

狙うべき不労所得は4種類です。

  1. 事業所得
  2. 不動産所得
  3. 配当所得
  4. 利子所得

アーリーリタイアやセミリタイアを目指す際には、この4種類の所得を増やしていくことが良いと思います。

私はまさにその活動中です。

経済的自由とは不労所得で生活費が賄える状態を指します。 もし経済的自由を得たいと思ったら、不労所得を増やしていくことが近道。

目指せ経済的自由

米国株で配当金について注目している銘柄

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築しています。保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

【参考:米国株マイポートフォリオ

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。