スポンサーリンク

長期投資のリスクを、40歳のがん死・罹患確率から考えてみた

投資をする際、リスクとリターンのバランスは重要なファクター。

バランス感覚が求められるのは、投資の世界だけにとどまらない。

私はアラフォー世代であり、健康リスクについて考え始めている。

いまはまだ健康そのもの。

それでも将来大きな病気に罹るかどうか、さらには死についての確率を知りたくなっている。

長期投資をする場合、資産額と共に自分の年齢も上がっているからだ。

ということで本記事は大きな病の代表、「がん」のリスクについて投稿する。

参考サラリーマン投資家の抱えるリスク:健康管理

スポンサーリンク

がんで死亡する確率~累積死亡リスク

生涯で、がんによって死亡する確率はこのようになる。

  • 男性25%(4人に1人)
  • 女性16%(6人に1人)

年齢階級別死亡率をみると、年齢が上がるにつれてがんによる死亡リスクが増える。当たり前ではあるが。

  • 男女とも、おおよそ60歳代から増加し、高齢になるほど高い
  • 60歳代以降は男性が女性より顕著に高い

現在の年齢別:がんで死亡する確率~男性編

出典:最新がん統計

上図は現在年齢別がん死亡リスクを示している。

たとえば現在40歳の男性が

  • 10年後までにがんで死亡する確率:0.2%
  • 20年後までにがんで死亡する確率:2%
  • 30年後までにがんで死亡する確率:6%

現在の年齢別:がんで死亡する確率~女性編

出典:最新がん統計

同様に、現在40歳の女性が

  • 10年後までにがんで死亡する確率:0.5%
  • 20年後までにがんで死亡する確率:2%
  • 30年後までにがんで死亡する確率:4%

ここまでは、がんによる死亡リスクのデータ。

この先は、がんになる・罹患する確率のデータを抜粋する。

がんに罹患する確率~累積罹患リスク

生涯でがんに罹患する確率は、

  • 男性62%(2人に1人)
  • 女性46%(2人に1人)

2人に1人ががんになる、といわれる所以である。

年齢別:がんになる確率 男性編

出典:最新がん統計

上図は、現在年齢別がん罹患リスクを示している

現在40歳の男性が

  • 10年後までにがんと診断される確率=2%
  • 20年後までにがんと診断される確率=7%
  • 30年後までにがんと診断される確率=21%

年齢別:がんになる確率 女性編

出典:最新がん統計

現在40歳の女性が

  • 10年後までにがんと診断される確率=4%
  • 20年後までにがんと診断される確率=9%
  • 30年後までにがんと診断される確率=17%

長期投資が抱えるリスク:アラフォー世代以上は健康・がん罹患リスクも想定したい

長期・積立・分散投資が資産運用の王道だ。

とくに運用期間を長くすればするほど、リスク(得られるリターンのバラつき)が低くなる。

長期投資をするほど、プラスの運用成績が得られる確率が上がる。

だがあまり長期に考えすぎると弊害もでてくる。

上述のように運用者・個人投資家の健康リスクが顕在化するのだ。

そういった意味でも、若いうちから投資を始めるというのにはメリットがある。

何れにしても40代、50代、60代と齢を重ねるごとに、身体へのケアが必要となる。

40歳を過ぎてから長期投資をする際には、投資のリスク以上に健康リスクに目を向けたい。

参考長期投資と年齢別死亡率

未来が読めないのは株式市場だけではない

以前投稿した、「長期投資と年齢別死亡率」という記事では

  • 健康診断やがん検診はしっかり受ける
  • バフェットを見習い、身体に負荷をかけない健康法を取り入れる
  • 万が一のときどうするか、少しずつ考えておく

この3つを対策として記載していた。

ここに追加したいことが一つ

  • いまを楽しく生きる

今の延長が未来をつくる。

それでも未来は読めない。

だったら今を楽しく生きていこう。

がんになる確率とか、死亡するリスクとか、暴落の可能性とかばかり考えていたら暗くなるだけだからね。

See you!

長期投資に関連する記事紹介

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする