スポンサーリンク

20代女性は資産形成への危機感を最も感じている現役世代

マネックス証券が興味深いアンケート結果を公開した。

女性に焦点をしぼった調査である。

本記事は「女性の資産形成に関する意識調査、最も危機感が強いのは20代(2017.10.20)」の結果をもとに構成している。

スポンサーリンク

現役女性世代を対象に資産形成のアンケート

  • 対象者/首都圏に在住の20代から50代女性 各世代150人、 合計600人
  • 調査方法/インターネットリサーチ
  • 調査時期/2017年6月1日より6月30日
  • 調査内容/「資産形成ならびに投資」に関する意識調査。単一回答<SA>、複数回答<MA>で調査を行ない分析

資産形成への危機感は、女性世代で20代が最多

将来において「資産形成の危機があるか?」という質問である。

その結果、”ままある”、”とてもある”と回答した世代は20代が最多で86.1%にも達する。

本調査によると、現役世代女性のなかで将来の資産形成に危機感をもっとも抱いているのは20代ということになる。

バブル崩壊・失われた20年・年金不安といわれ続けて育った世代であることが影響しているのだろう。

さらに結婚・出産・育児・キャリアプランといったことを考えはじめる世代だ。男性に頼らず、経済的にも自立して生きていく必要性を感じるためなのかもしれない。

20代女性の危機感の理由は、「将来必要な金額が足りない」

20代女性に焦点を絞ってアンケート結果をみてみよう。

資産形成への危機感の理由のトップ3は以下の通り

  • 今の資産形成では将来必要な金額に足りない:58.8%
  • 資産形成が全くできない:47.5%
  • 将来どれくらいの金額が必要か想像がつかない:46.3%

現代は専業主婦世帯は減少しており、共働き世帯の方が多くなっているご時世である。

20代女性は働き続けることが前提と考えるだろう。

いくら必要なのか?いつまで働いたらいいのか?と不安に感じているのだと推察する。

20代女性は落ち着いて将来のことを考える時間を欲している

仕事以外重視していることは各世代「趣味」「睡眠」が最多とのこと。

しかしながら「落ち着いて将来のことを考える時間」と答えた割合は20代・30代で大きな開きがある。

この結果は興味深い。

将来について考える機会はどの世代でもあるはずだ。

他の世代よりも、就職・結婚・出産などライフイベントで大きな選択肢があることも影響しているのかもしれない。

20代女性は運用が簡単・少ない資金で始められる投資を求めている

投資への意向が喚起されるものを質問した結果

  • 運用が簡単:70.5%
  • 少ない資金で始められる:70.5%

20代女性は将来や資産形成に不安を抱いている。

そしてその解決策には簡便性を求めている。

インスタント食品、ファストファッション、の次にはお手軽投資の時代がくると想像してしまう。

スマホネイティブ世代がいよいよ資産運用を始めるのだから。

20代女性におすすめな3冊の投資本

資産形成に不安を抱くなら、まずは情報を入手してみればいい。

そんなときに有用なのが書籍である。

サクッとリーズナブルに読める投資本を3つ選んでみた。

私はこの本を20代のころに読み、ワンルームマンション投資を始めた。

お金とか投資本の2冊目として最適

そんなこんなで、See you!

合わせてどうぞ

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする