スポンサーリンク

株式投資と自己責任、他人は他人・自分は自分

株式投資をしていると他人の行動が気になったりする。

私はあまり他人に興味はないのであるが、米国株投資関連ならば目耳にすることが多い。

  • バフェットがS&P500を買うように妻に遺言したらしい
  • ジェレミー・シーゲルが、米国株は割高だと言っているようだ
  • マーケットハックの広瀬さんは最近ビットコインネタが多く要注目だ

これって個人投資家にはほとんど無意味。むしろ全く関係ないのではないかと感じる体験をしたので紹介する。

スポンサーリンク

自分がいる場所・見ている角度で同じ物でも違って見える

先日、家族旅行をした。その宿泊施設には大きな露天風呂があった。その風呂は森の中にあり、私が感じたその温泉の強みは

  1. 青い空を見ながら
  2. 緑の森からオアシスの息吹を感じ
  3. 数多くの露天風呂で癒しが得られる

かなり雰囲気が良く、息子ととともに夜&朝風呂をしてしまった程だ。

秋晴れの綺麗な空、雲と太陽のコントラストが美しい。森はこれから紅葉となることを感じさせるがまだまだ深緑であった。そんな中での私が心地よいと感じるぬるい湯加減での時間は最高だ。

ところがこの素晴らしいメリットを分解してみると、非日常ではあるがそれほど大したものでもない。

空 × 森 × 風呂

空なんていつも見ているし、森だってただ単に木が沢山あるに過ぎない。お風呂だって毎日入っている。

つまり日常に溢れているものを、予想外の組み合わせでアイデアをくっつけてみると大きなベネフィットとなることを示す良い例だ。

この恩恵を享受した際には、なんてすばらしいのだろうと感じた。ところがいざ我に返ってみると実はそんなに珍しいものでもない。そこでアイデアの組み合わせの他に何か違うことはないか、と自問自答したらすぐに解が出てきた。

自分のいる場所が普段と違うだけで、空・森・湯が違って見えた。

以下の3点セットは変わらない。単純に自分の感じ方が異なるだけ。

  1. お湯

つまり自分がいる場所・見ている角度の違いにより、同じものでも違って見えるわけだ。そんな例は人生で沢山経験するだろう。

話を株式投資に戻す。

株式投資では他人のいう事は参考程度、人は人・自分は自分

冒頭の例を振り返ると

  • バフェットがS&P500を買うように妻に遺言したらしい
  • ジェレミー・シーゲルですら、米国株は割高だと言っているようだ
  • マーケットハックの広瀬さんは最近ビットコインネタが多く要注目だ

どれも参考にはなる。

ところがそこにあなたや私の名前はない。

  • バフェットとそれ以外の人
  • シーゲルとそれ以外の人
  • 広瀬さんとそれ以外の人

立場の違う人の言葉やアドバイスは、あくまでもあなたや私とは違う角度で物事を見て発せられたものだ。更に居る場所も異なる。

もちろん自分とは異なる視点からのアドバイスとは参考にはなる。しかしあくまでも参考止まり。活用するには意味を咀嚼し自分に合わせた方法を模索する必須がある。

したがってあなたや私にそのまま応用することは困難である。

他人は他人・自分は自分という観点を人生のいかなる時でも忘れずにおきたい。意見は聞くが参考程度に、人生のディシジョンメーカーはあなた自身なのだ。

配当金というキャッシュフローを積み上げていく

そういうわけで他人のいう事にはあまり耳を傾けず、自ら定めた道を私は進む。つまり米国株連続増配銘柄からの配当金を積み上げていく。

資産を増やすなら日本株でしょうとか、成長株が良いとかいう人もいる。確かにそうかもしれない。隣の芝は青く見える。でも私は私の方法で、キャッシュフローを増やしていく。

そう思った露天風呂での体験であった。

あなたは他人のいう事をどこまで聞いていますか?

See you!

■株式投資・運用方針の関連記事

配当金を指標とした株式投資は、資産増加スピードが遅いと感じるけどせっせと前に進んでいくよ

配当金生活とはサラリーマンの憧れ。配当金生活を成し遂げるためには、配当金の積上げと支出削減・節約が必要となる。 2016年に私は年間50万円の配当金受取を達成した。配当金生活への道半ばである。半ばどころかようやく一里塚に達した...

アメリカ株の連続増配銘柄への投資が私の基本方針

投資運用書2017を作成 ついにアメリカ株による投資方針を策定した。ポートフォリオはもちろんシーゲル流だ。 投資方針書の作成経緯と、運用方針の詳細を公開する。 アメリカ株による投資方針書作成までの経緯 資...

米国株は堅実というかリスクが低めなんだろうと感じている

アメリカ株投資がおすすめである理由をまとめてみた。つまり私が米国株投資に至った理由と言える。世界有数の企業があり、お薦め銘柄だって多数あるのがアメリカ株。 米国株がおススメな6つの理由をブログ記事とともに紹介していこう。 ...
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

コメント

  1. チョコ より:

    お世話になります。
    コメント失礼いたします。

    その人のバックグラウンド、置かれている状況、様々な要因により、例え同じものであっても三者三様に価値観は異なるものだ。
    とても共感いたしました。

    銘柄選びにおいても同じことが言えますね。
    人によって銘柄に対する価値観は異なりますが、さまざまな人の意見を取り入れることにより、自分自身の価値観を形成させる。
    詰まるところ、銘柄は自分の価値観や信念に従って選択するものなので、決して他人の価値観だけを鵜呑みにせず、自身の価値観に従って投資するべきものなのだと感じました。

    • はちどうきゅうどう より:

      チョコさん、
      コメントありがとうございます。
      最近になり貴ブログを知る機会があり、ちょこちょこ拝読しておりました。

      おっしゃる通り、銘柄選びや投資方法さらには人生のありとあらゆる場面において、価値観が全く同じ人は存在しないのだと私は考えています。
      だからこそ自分の価値観や信念、根本にあるものを大事にしつつ、それとは異なる意見にも耳を傾けながら、それでもやはり自分に適合するものを選択することが良いのだろうなと思っております。

      流されやすい性格だからこそ、そのあたりは注意しながら株式市場に居座りたいと心がけております。

  2. チョコ より:

    はちどう様。
    わざわざコメントの返信をくださり、ありがとうございます。

    大変恐縮です。
    はちどう様を筆頭とする米国株ブロガー様のブログは、1年前ほど前からずっと拝見させていただいておりました。
    米国株の魅力に気づかせてくださり、感謝申し上げます。
    拙いブログではございますが、今後とも宜しくお願いいたします。

    非常に共感いたします。
    異なる意見はとても刺激になりますし、自身の視野を広げてくれる材料になり得ます。
    しかし、全面的に他人に依存することは、自分を無くすことに繋がります。
    これは、相手にも失礼な行為だと考えております。
    あくまで、主軸は「自分」です。
    はちどう様の仰る通り、異なる意見は最大限に取り入れつつも、自分の根幹に位置する信念を大事にしていくことが何より重要なのだと思いました。
    これは、投資に限らず、人生におけるすべての物事に当てはまることですよね。

    株式市場に居続けることが出来る人は、自分を持っている人のような気がしております。
    それが、結果的に大きなリターンを手にするのだと。

    今後ともいろいろ勉強させていただければ幸いです。