スポンサーリンク

30代で計画したアーリーリタイアは、40代で達成可能なのか?

30代にしてサラリーマンの限界を感じ、40代でアーリーリタイアができる状態になることを計画している。

あくまでも選択肢を増やし、人生を豊かにするためだ。

その方法は米国株投資を通じた配当金、これが私の基本的な考え方。

はたしてこの計画は実現可能なのか?

スポンサーリンク

30代後半時点のアメリカ株投資を使った計画

今回は受取配当金額ではなく、投資評価額を参考値としてみる。

たとえば頑張って毎年300万円を積立てし、年率7%リターンで10年間を過ごしたとしよう。

米国株の平均運用利回りを参考にしている。

  • 縦軸:万円
  • 横軸:西暦

30代で計画したアーリーリタイア計画

西暦

(年)

元本合計

(万円)

年末

(万円)

2017 300 321
2018 600 664
2019 900 1,032
2020 1,200 1,425
2021 1,500 1,846
2022 1,800 2,296
2023 2,100 2,778
2024 2,400 3,293
2025 2,700 3,845
2026 3,000 4,435

10年後にはこれから積立てる3,000万円の投資元本が、評価額4,435万円となる。

これはこれで投資の成功例であろう。

ところがいざアーリーリタイアを計画しているとなると、やや物足りない金額。

けっこうあせる

私は配当金額をKPIとしているが、投資評価額を数字でみると見え方が変わる。

いずれにせよ30代でたてたアーリーリタイア計画を40代で達成する為には、以下3つの方法が有効だ。

  • リタイア時期を引き延ばす
  • 運用利回りを上げる
  • 元本を増やす

アーリーリタイアの年齢を引き上げることも一つの選択肢

日本で働く環境を考える場合、労働者は売り手市場となると想定される。

いまのまま人手が必要とされる社会ならば人口減少はサラリーマンに追い風だ。

働く人そのものが増えないのだから。

しかし致命的な問題として日本のサラリーマンは生産性が低い。

生産性改善というメスが入った場合にコストカットの対象となりやすいのは労働者の賃金だ。

無駄を省くという名のもとにリストラや賃金抑制すると予想できる。

厳しい労働環境にはあるが以下のような場合には、アーリーリタイアをせずに細く長く働いてみるというのは選択肢として持っておきたい。

  • サラリーマンとして仕事がそれほど苦痛でない
  • 働きつづける環境が整っている

日本の労働者賃金を見る限り、まだまだ年功序列の要素が強い。

つまり年齢があがると高収入となりやすいのだから。

仕事が嫌だなぁ、早く辞めたいなぁ、そんな気持ちになったことはありませんか? アーリーリタイアや早期退職、セミリタイアといった言葉がふと心に浮かぶ。 お金さえあればこんな仕事はしないのに、と思うでしょう。 そこで今回...

リタイア達成の為に運用利回りをあげたいのだが難しい

私は、「配当成長投資ではトータルリターンの比較をするのは無駄」だと思っていた。

理由を簡単にいえばこの3つ。

  1. 毎月の投資元本投下があると計算方法が難しいしメンドウ
  2. 市場よりパフォーマンスが劣後している時には、投資戦略に迷いが生じる
  3. 最終的なゴールは配当金生活

ところがモーニングスター社のポートフォリオサービスを使うと、簡単にパーソナルリターンが出てくる。

そこで過去の取引を入力してみた。

  • 12.90%/年

私がアメリカ株投資を開始した2015年~2017年を振り返ってみる。

米国株市場は上昇相場であり、もっと良いパフォーマンスの個人投資家が多いであろう。

この2年間はアメリカ株投資の経験値を上げる期間だと自分を慰めている。

現在の米国株は割高だと言われて久しい。

それでもコツコツと元本投入をつづけ、受け取り配当金の積み上げをしていく。

そしていずれくる調整・暴落局面をしっかりと耐え抜き、将来のリターンを向上させたい。

言うは易く行うは難し。 easy come easy go.

アメリカ株に投資をしている場合、無料で使用できるツールが沢山ある。 多くありすぎて何が何だか分からなくなってしまう。 まずは自分が何を知りたいのかを把握するのが良い。 今回は過去10年での米国個別株トータルリターン...

40代でアーリーリタイアが可能になると信じている

アメリカ株投資のリターンを単純計算した結果、10年間で年率7%のパフォーマンスではアーリーリタイア達成は困難である。

しかしそこで諦めてはいけない。

つねにポジティブシンキングでいこう。

自分を信じ、アメリカ合衆国の発展を前提に米国株投資を続けていく。

そして株の玄人ではなく、万人、凡人でも株式投資の力を借りて経済的自由の獲得が可能であると証明する。

40代でアーリーリタイアメントもしくは、部分的なセミリタイアメントを達成する為に必要な項目を思い浮かべた。 思考は現実化する。 アーリーリタイアを40代で達成する為には、その成功イメージをもち、日ごろから目標に必...

終わりに、

こんなことを考えていたらなんだか暗い雰囲気になってしまった。

私にとってのアーリーリタイアとは、明るくハッピーであることが最低条件である。

もうちょっと気楽にアメリカ株投資をすることにした。

最近は個別銘柄を調べることが多くなりこれが結構楽しい。

米株投資はアーリーリタイアへの手段ではなく、ただの趣味になってしまいそう。

でもいいんだ、どうせ40代でセミリタイアは可能となるのだからね。

「私、趣味でアーリーリタイアしました」

いずれこんなことを言うので、問題なし。

See you!

■関連記事の紹介

配当金で生活費の半分を賄えるように早くなりたい。

配当金生活とはサラリーマンの憧れ。配当金生活を成し遂げるためには、配当金の積上げと支出削減・節約が必要となる。 2016年に私は年間50万円の配当金受取を達成した。配当金生活への道半ばである。半ばどころかようやく一里塚に達した...

過去にはこのような投稿もしていた。12年でアーリーリタイア達成は不可能ではない。

このブログを始めた理由を振り返ってみた。 それはアーリーリタイアメントへの道程を綴ること。 目標到達時期は2027年なり! 具体的には、 2015年(当時35歳)でブログを開始 2027年(47歳)...

アーリーリタイアのことを考えるときには楽しくワクワクする気持ちを持っていたい。とはいえお金についてがベースとなってしまう。

資産形成したい、そのために資産運用・投資をする。 そのように思う人は多いでしょう。 かくいう私もその一人。 ところが資産運用のみでは資産形成は語れない。 なぜなら、資産形成 =(収入-支出)+ 資産 × 運用...
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク