スポンサーリンク

株式投資の生産性・効率性を高める方法 お金×時間

株式投資を「お金×時間」で考えた場合、効率性を高める方法は4つある。

より生産性を高めた場合は下記が実現可能となる。

  1. 自分が投資に費やす時間が減る
  2. 目標到達までの時間が減る
  3. 毎月追加する元本を減額してもよくなる
  4. 最終到達額が目標を上回る

ぜひこれを達成したい。

スポンサーリンク

株式投資における生産性の定義

本記事での株式投資における生産性・効率性の定義をおさらいしておく。

株式投資の生産性をあげるには2つの方法があると分かる。

  1. 分母を小さくする(投入資源)
  2. 分子を大きくする(成果)

ここに、お金×時間の軸を追加する。

すると以下の概念図にたどり着く。

図には株式投資の生産性向上後の達成イメージを追記している。

株式投資の生産性・効率性を高める方法 お金×時間

「当初元本1,000万円、目標は10年後に3,000万円、毎月5万円と追加投資」を想定してみる。

そして株式投資の生産性向上の4パターンについて、いまの考えを残しておく。

1.投入時間の最小化

「当初元本1,000万円、目標は10年後に3,000万円、毎月5万円と追加投資」を、投資に費やす時間がほとんどなくても達成した場合である。

これが金融庁も推奨している、投資信託などを用いたインデックスの積立投資である。

時間帯効果が非常に優れている投資手法だ。

課題としては、目標達成後にどのような出口戦略をとったらよいのかわかりにくい点が挙げられる。

投資に費やす時間が少なかったために、売却する方法を知らないままに年齢を重ねることとなる。

参考インデックス投資戦略のメリット・デメリット

2.追加投入元本の最小化

「当初元本1,000万円、目標は10年後に3,000万円、毎月5万円と追加投資」

投入元本の最小化をしつつ目標達成するということは、運用リターンが予定より良好であったことを意味する。

  • 毎月5万円:7.6%
  • 毎月4万円:8.3%
  • 毎月3万円:9.0%
  • 毎月2万円:9.7%
  • 毎月1万円:10.4%
  • 追加なし :11.2%

この場合、長期に渡り安定したリターンをたたき出す投資対象を選ぶ必要がある。

過去10年の株式投資を見ると

  • 日経平均ではなく、S&P500に連動するETFを選ぶ
  • S&P500ではなく、NASDAQに連動するETFを選ぶ

投入元本を削減できるということは、年齢が若いうちに投資以外にお金を使えるメリットが出てくる。

これは非常に意義あることだ。

一方で、投資元本を減らしたがゆえに、将来リターンが大きく損なわれている点は抑えておきたい。

参考ETFと個別株の比較 どちらが投資に適しているか?

3.目標達成までの時間の最小化

「当初元本1,000万円、目標は10年後に3,000万円、毎月5万円と追加投資」

予定より早く達成できるということは、優れた短期リターンであったことを意味する。

  • 10年:7.6%
  • 9年:8.8%
  • 8年:10.4%
  • 7年:12.4%
  • 6年:15.1%
  • 5年:18.9%

短期で上昇する銘柄を選択する必要が出てくる。

この場合、インデックス投資では達成が困難となってきそうだ。

(直近5年であれば可能なのだが)

直近5年リターンの状況を鑑みるに

  • Amazon株へ投資する(32.6%)
  • マイクロソフト株を選ぶ(20.5%)
  • ジョンソン・エンド・ジョンソンに投資する(16.5%)
  • アメリカ市場連動ETFをチョイスする(VTI:14.2%)

市況がよければ、想定した例では十分可能である。

株式投資参入のタイミングもKeyとなろう。

また、この場合にはインカムゲインよりはキャピタルゲインメインとならざるをえない。

参考インカムゲインとキャピタルゲイン、株式投資に適するのはどっち?

4.達成時にリターン超過

「当初元本1,000万円、目標は10年後に3,000万円、毎月5万円と追加投資」

  • 3000万円:7.6%
  • 4000万円:10.9%
  • 5000万円:13.5%
  • 6000万円:15.5%
  • 1億円  :21.2%

これも、株式投資の過去10年リターンを参考にすれば

  • Amazon株(29%)
  • マクドナルド株(14%)
  • NASDAQ連動ETF(12.6%)

といった例が思い浮かぶ。

終わりに、

株式投資での生産性・効率性向上の方法は4つある。

これを覚えておきたい。

株式投資の

  • 目的は何なのか?
  • 目標は何なのか?

2点を思い出し、生産性向上に取り組もう。

そうすればよりハッピーな人生になるはず。

以上【株式投資の生産性・効率性を高める方法 お金×時間】でした。

See you!

あわせてどうぞ

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする