スポンサーリンク

ドル転のタイミング、為替は読めないからドルコスト?それとも一括?

ドル転のタイミングは、ドルコストなのか一括なのかどっちがよいのか?

可能ならばそれは円高の際に多くを円→ドルにしておくのが良い。

ところがなかなか上手くいかないのが、世の中の面白いところ。

今回なぜ、ドル転のタイミングを考える必要があるのか?

それはアメリカ株へ投資をする際、為替の影響を無視できないから。

例えば米国株に投資をする際、円ですぐに購入できる証券会社はある。

一方で、円→ドルにかえる必要のある口座もあるのだ。

また為替は思っている以上に日常生活に溶け込んでいる。

世界はもはや広くない。

だからこそ、毎日のニュースで為替情報が伝えられる。

スポンサーリンク

為替を読むのは難しい

為替は、もう数え切れないほどのファクターで上下に動く。

それは株式投資以上でしょう。

影響する要因が多ければ多くなるほど、将来予測が難しくなる。

円ードルや為替の動きは、円高か円安かのどちらかにしかならない。

ところがFXで儲けられる人は多くない。

これが意味するところは、未来予測なんてできないということ。

もし予測したとしても、その予測通りに行動することだって難しい。

一部の、本当に予測できている人やラッキーが重なり続けている人は別とする。

その選ばれた人物になりたい。

が、現実的に困難だと諦めてしまっている。

こうなったら為替予測なんて無意味。

とはいえ私は、なが?い目で見れば、円安になるんだろうなぁという漠然としたイメージを持っている。

円の価値がいつまでも保たれないのだろうと考えるからだ。

まぁ、こんな思いは心にしまっておいて、たんたんとドル転するのみ。

凡人の凡人による凡人のための投資手法を用いて。

ドル・コスト平均法とは?

ドル・コスト平均法とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。

定額購入法ともいう。

金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。

例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。

ウィキペディアより

インデックスファンドのドル・コスト平均投資を推奨するひとは多い。

インデックスでセクターを散らせるとともに、時間の分散に他ならないだ。

私は個別株やETFを中心に投資をせているが、買う時期の分散はなるべく意識している。

自分の選択に自信を持ちきれないから。

ドル・コスト万歳。

タイミング投資はチキンな私にとっては困難そのもの。

とはいえ欲張りでもあるので、ドルコスト以外の方法も考えておく。

パクリですがね。

ドル転のタイミング投資

1ドル105円以上の円高で手持ちのキャッシュ10%投入。

1ドル100円以上の円高で手持ちのキャッシュ10%投入。

1ドル95円以上の円高で手持ちのキャッシュ10%投入。

1ドル90円以上の円高で手持ちのキャッシュ10%投入。

1ドル85円以上の円高で手持ちのキャッシュ10%投入。

日頃からコメント頂戴しているマッキーさんのお言葉。

為替は将来どうなるのかわからない、という前提は同じ。

しかしながら自ら設定した閾値を超えた場合、それに見合う行動をすることを示唆している。

それも段階的に実施することにより、リスク分散を怠らない。

これは実行可能性は高いし、ぜひやってみたい。

で、どうする?

ドル転のタイミングとしては

・ドルコスト平均を継続する

・円高の際には多めに円をドルにする

これが心地よい。

株式投資の順張り、逆張りと同じ考え方だ。

この場合、1ドルが何円となったら円高と定義するかが課題となる。

1ドルが

110円切ったらいつもの2倍をドルにする

105円切ったらいつもの4倍をドルにする

100円円切ったらいつもの6倍をドルにする

こんなイメージでいこう。

あとはいつ円高局面が来てもよいように、適切な比率で円高を保有しておく。

以上、【ドル転のタイミング、為替は読めないからドルコスト?それとも一括?】でした。

あなたのドル転への考え方はどうですか?

See you!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

コメント

  1. K より:

    はじめまして。コメント失礼します。いつも大変参考に拝見させていただいています。私もこちらのブログを拝見してから日本株から米国株に切り替えを行っており、まとまった額を用意するのは難しいので配当利回りの大きい安定した銘柄に毎月積み立てのような形で投資しております。感化され私も米国株の要素を交えたブログを始めたのですが有益な情報はどちらから得ているのでしょうか?よろしくお願いいたします

    • はちどうきゅうどう より:

      Kさん、
      コメントありがとうざいます。
      国内ブロガー、特にブログ村の”米国株”カテゴリーのブログは参考にしています。
      (もちろんそれ以外も)
      Feedlyで数多くのブログを定期購読しています。

      また、以下記事にもあるようなサイトからも情報を得ています。
      私が参考にしている、米国株リンク集

      参考になれば幸いです。

  2. マッキー より:

    はちどうきゅうどう様、こんばんは。

    私のコメントをブログ記事の中に入れてくださり、恐縮しております。有り難うございます。
    上記の私のコメントは、特に米国や豪国の債券には有効(為替差損のある物は利息だけ取って放置、為替差益の出た債券にはコールオプションを引っ掛けて売りに出す。売れても売れなくても良し。想像するに政府系機関か債券ファンド、債券を増やしたいバランスファンド等が思わぬ高値で買ってくれることもある)ですが、株式投資の場合、通貨は買いたい株式の単なる道具ですから、はちどうきゅうどう様の倍プッシュ戦法の方が良さそうですね?

    勉強になりました。私も真似したいと思います。どうも有り難うございます。