スポンサーリンク

会社は誰のもの? 株主のもの

株式会社は誰のものか?

社長?会長?それとも社員?

正解は、資本家つまり株主なのだ。

小学生のときに学習した言葉、資本主義と社会主義。

普段はあまり意識することはないのだが、日本は資本主義社会である。

そして日本から株式投資が可能な国の多くが、アメリカを含めて資本主義をとっている。

いまの世界は資本主義が本流。

このルールのを知っておくことが重要であるし、子供がいれば食事をしながらでも話しておきたい。

次の世代が大きくなったときにも、おそらくきっと資本主義社会であることには変わりがないのだろうから。

この概念を学ぶと、会社で一番偉いのは社長ではなく資本家であると分かる。

さっそく会社は誰のものであるかを考察したい。

参考林先生の投信ハイスクール 13歳からは金融入門しないとヤバい

スポンサーリンク

資本主義社会とは?

資本主義または資本制は、生産手段の私的所有および経済的な利潤追求行為を基礎とした経済体系である。

資本主義を特徴づける中心的概念には、私的所有、資本蓄積、賃金労働、自発的交換、価格体系、競争市場などがある。

資本主義の市場経済では、投資の意思決定は金融市場や資本市場の中で所有者によって判断され、生産物の価格や配分は主に市場での競争によって決定される。

Wikipediaより

相変わらず金融関連の言葉は難解である。

ここは平易なワードを用いたい。

資本主義と社会主義の大きな違いはその中心となるもの。

  • 資本主義→資本(お金)
  • 社会主義→社会(国など)

資本主義はお金が中心となる世界なのだ。

なので給料の概念が発生したり、モノを売買することが可能となる。

さらに極端にいうと、お金(資本)を持っている人が、お金のない人に賃金を払い労働力を得られる。

その行動によって、資本(お金)を持っている人は更に利益をあげる。

つまり資本主義社会は

  • 資本家
  • 労働者

で成り立っているといえるわけだ。

この時点で、どちらが勝ち組なのか分かるでしょう。

私は小学生の時に資本主義と社会主義の違いを学んだ。

それなのにもかかわらず、資本家になる為の行動を開始したのは30歳前後からであった。

知識とはそれだけでは無意味であり、行動を伴ってこそ知恵となる。

いまからでも遅くない。

資本家になろう。

参考貯金と株式投資、お金持ちへの近道はどっち?

会社は誰のものか?

会社で一番偉いのは社長ではなく、あくまで資本家である。

会社における資本家とはだれを指すのであろうか?

たとえばそれが株式会社であったとすれば、資本家はすなわち株式を保有している「株主」である。

株主がオーナーなのだ。

俗にオーナー社長と呼ばれる人がいる。

その人は株主を自分で保有しており、なおかつ社長職にある人を指す。

雇われ社長と対をなす。

オーナー社長は最強である。

自ら起業し事業がうまくいけば、圧倒的な優位性を示せるのが資本主義。

ちなみに多くの株式会社では、オーナーは株主。

資本家(株主)であるオーナーが利益を得るための組織が株式会社なのだ。

そのために社長を雇い、社員を雇い、彼らに給料を払い、働かせる。

サラリーマンがなぜ辛いのか、この構図をみると理解できる。

会社は誰のものか?と問われれば、資本家・株主のものと回答するのが正解。

参考富裕層になりたけりゃ資産運用の前に収入を増やせ!それが無理なら起業しろ!

株式を購入すれば、誰でも資本家になれる

とある会社の株を購入するというのは、その会社のオーナーになると同義。

つまり株式を購入した時点ですでにオーナーとなる。

アメリカ株は単元が小さく1株単位で買える。

オーナーになるのには数万円あれば十分なのだ。

あとは保有する株式数を増やしていけばよい。

株数分だけ、その会社の利益が配分されるからだ。

その会社の従業員があくせくと働き、稼いだ利益の一部が株主に配分される。

株主はその会社の資本家・オーナーの一人なのだから、最も利益を得る権利を有する。

参考良い会社に入り部長になっても月収70万

社会人とは?

一般的には学生生活を終えて、給与所得者となる人が多い。

その行為を、”社会にでる”と表現される。

しかしながら資本主義においてそれは、あくまでも労働者でしかない。

私を含め、多くの人が資本主義の”資本家”という存在に気づかないままでいる。

一度この”資本家”を知ったのならば、親しい人とは話しておきたい。

日本においては金融知識が不足していると言われているので、”資本家”の何たるかを知っただけで一歩抜きんでた存在となれることでしょう。

参考サラリーマンでも配当金を積み上げればお金持ちになれる

終わりに、

我々は資本主義にいて、その他多くの国も資本主義をとっている。

資本とはお金という意味。

お金で物が買えるのは資本主義であるから。

お金を沢山持っている人はオーナーつまり株主となり、それ以外の人に給料を払って会社を作る。

会社の利益は、オーナーに多く還元される。

ここで出てくる人は二人。

  • お金をたくさん持っていて、給料を支払う人
  • 給料をもらって、働く人

どっちになりたい?

なるためにはどうしたらよいか?

こう考えると、株主となることへの意識が変わる。

以上、【会社は誰のもの?株主のもの】でした。

あなたの会社で一番偉いのは、だれですか?

See you!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク