スポンサーリンク

人生における分散投資 資産形成に重要な3つの視点

資産運用において、分散投資の意義は広く伝えられている。

例えば日本の証券会社のHPを見ると、以下のように記載がされている。

分散投資は、投資対象を多様化させることで、資産運用に伴う価格変動リスクを低減させて好リターンをめざす有効な方法です。

すべての資金をひとつの金融資産に集中させると、運用がうまくいかなかった場合にはマイナス影響が資産全体に及びます。

けれども値動きの異なる複数の資産に分散させれば、リスクを分散しながら、安定的な収益を期待することができるのです。

具体的な分散の方法は、国内外の国や地域、株式や債券など商品、円やドルなどの通貨と、積立などの時間で分けるという、大きく4つの考え方があります。

SMBC日興証券より

広く分散されたポートフォリオを構築することは、リスク・リターンの観点から重要なのだ。

ここで思い出したい。

資産形成において資産運用は、一つのコンポーネントでしかないことを。

資産形成 =(収入-支出)+ 資産 × 運用利回り 

の公式を見れば、一目瞭然。

今回は、この式を構成する4項目の分散投資について考察したい。

スポンサーリンク

人生における分散投資

1.収入の分散は人生において重要

所得には多くの種類がある。

  • 利息を受け取ったとき(利子所得)
  • 配当金を受け取ったとき(配当所得)
  • 事業所得の課税のしくみ(事業所得)
  • 不動産収入を受け取ったとき(不動産所得)
  • 給与所得
  • 退職金を受け取ったとき(退職所得)
  • 譲渡所得(土地や建物を譲渡したとき)
  • 譲渡所得(土地、建物及び株式等以外の資産を譲渡したとき)
  • 山林所得
  • 一時所得
  • 雑所得

複数の所得源から収入を得ることが、収入の分散といえる。

もちろん、給与収入を増やす活動も重要である。

  • 収入を増やす
  • 収入源を分散させる

と2つの視点で考えるのが良い。

収入増を狙うなら 業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODA

いずれにせよ、収入に対してどのように考えるのかを意識したい。

資産運用における分散投資だけではなく、収入の分散という概念を知っておくことが必要だ。

たとえば副収入を得ているひとを統計学的にみてみる。

すると男性サラリーマンの6人に1人はなんと月3万円以上の副収入を獲得しているのだ。

6人に1人という割合ならば、ぜひその1人になりたいし、狙うべきであろう。

参考男性サラリーマンの副収入 6人に1人は平均3万円以上を得ている

2.支出の分散は人生いつでも心掛けておきたい

ここでも分散を意識したい。

まず必要な事といえば、あなたの支出がいくらなのか、何に支出をしているのか?を把握すること。

これはフィンテックを活用するのが良い。

ちなみに私はマネーフォワードを使い、簡単に支出額を把握している。

さらに資産および支出が増えてきたのならば、法人化という手を使ってみたい。

私はまだその段階にないのであるが、個人と法人という二つの財布を持つことは資産形成に有用なはずだ。

とにかく、何事にも対しても分散が応用できるのかを考えておきたい。

参考マネーフォワードは超絶便利、1年間使い続けた私が言うのだから間違いない

3.資産と運用利回りの分散を人生に取り入れるかが分かれ道

ここでようやく分散投資の登場である。

資産配分比率を検討し、分散されたポートフォリオを構築する。

価格変動リスクを低減させて好リターンを得るためだ。

具体的な分散の方法は、4つ。

  1. 地域(国内・海外)
  2. 金融商品(株式・債券・不動産)
  3. 通貨(円やドル)
  4. 時間(積立など)

投資においてはこれらが重要。

さらに大きな概念、人生についての分散という考え方を、心のどこかには持っておきたい。

例えば通貨の分散とは、住居を分散させることでも代替可能であろう。

ドルを使うのが良いときは、ドルの通貨圏に住めばよい。

円を使うのがメリットが強いときには、日本でエンジョイする。

投資も人生もフレキシブルなのが良さそうだ。

参考アセットアロケーションとポートフォリオの違いとは何なのか?

終わりに;人生の分散投資は、より豊かになる方法の1つ

資産形成とは人生を豊かにする手段に過ぎない。

今回は資産形成にフォーカスしたが、分散投資という概念は人生そのものにも応用可能だ。

資産形成 =(収入-支出)+ 資産 × 運用利回り 

の式を思い出せば、資産運用の分散投資では片手落ちだと気づかされる。

  • 収入
  • 支出
  • 資産・運用

これら全てを分散させ、リスクヘッジしておくことが良い。

私はそこを目指している。

なので今後も3つの視点での分散を意識し、アメリカ株投資を続けていくよ。

以上、【人生における分散投資 資産形成に重要な3つの視点】でした。

あなたは分散投資を意識していましたか?

See you!

参考資産形成 =(収入-支出)+ 資産 × 運用利回り の重要性

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

コメント

  1. 分散生活・分散人生 | ぽてとまとらいふ より:

    […] 凛々しいお姿はちだんきゅうどう様が、目から鱗な分散生活に関する記事をアップしてくださってました。 […]