シラーPERを見て、米国株価は割高か割安か考えた【17年6月】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資の最先進国アメリカにおいては、様々な研究がなされている。

金融工学がもっとも発達しており、計算される数値も多い。

その中で、シラーPERという指数がある。

 

CAPE ratioとも呼ばれている。

通常のPERよりも長期的な視点でみることが出来る値である。

 

スポンサーリンク

シラーPERとは?

ノーベル経済学賞受賞者のロバート・シラー教授が考案した指数だ。

なので、シラーPERと称される。

またCAPEレシオとも呼ばれる。

 

シラーPERは株価の割高・割安を測る指標の一種である。

過去10年間の1株あたり純利益の平均値をインフレ率で調整した実質純利益でPER(株価収益率)を計算する。

 

通常のPERは1年単位での計算である一方で、シラーPERは10年単位での数値を表す。

一時的な業績の変動に左右されないというメリットがある。

長期投資をする上では、参考となるであろう。

 

それでは現在のシラーPERは、過去と比較してどのような値を示しているのだろうか?

 

CAPEレシオ(シラーPER)チャートを見る方法

1800年代からのシラーPERチャートが簡単にみられる方法がある。

インターネットとは便利であり情報過多社会にもメリットはある。

Shiller PE Ratioというサイトがあり、視覚的に分かりやすいチャートを提供してくれる。

 

Shiller PE Ratio
Shiller PE Ratio chart, historic, and current data. Current Shiller PE Ratio is 31.24, a change of -0.00 from previous market close.

 

シラーPERの現在【17年6月】

 

Shiller PE Ratioより

 

シラーPERの値を過去と比較すると、いまは高いと言わざるを得ない。

 

アメリカ市場のメインインデックスS&P500のシラーPERにおける過去は以下の通り。

平均値16.76
中央値16.12
最低4.78(1920年12月)
最大44.19(1999年12月)

 

現在の値は29.68であり、平均より77%も高くなっている。

 

ここで、PER = 株価 ÷ EPS(1株当たりの利益) という式を思い出してみる。

PERが高いと言われようが、EPSの上昇率が株価のそれを上回ればいずれはPERが正常化する。

それではS&P500のEPS状況は、いまどうなっているのだろうか?

 

参考?アメリカ株は割高なのか? シラーPER?

S&P500のEPS(1株当たりの利益)

 

S&P500のEPSデータを紐解くと

平均値28.74
中央値19.91
最低4.10(1921年12月)
最大108.94(2014年9月)

 

現在(16年12月時点)では、95.84となっている。

 

S&P500の株価指数は過去最高値を更新している。

一方で、そのEPSはまだ過去最高を上回ってはいない。

このギャップがPERを高くしている原因のひとつであろう。

 

さらに過去10年で見たならば、大きくへこんでいるリーマンショック時のEPSを加味してのシラーPERとなる。

リーマンショックから10年経過しさらに時を経れば、EPSが激減しているときの値を含まなくなる。

するとシラーPERは下がることになる。

そしてS&P500のEPSが去年より上昇していれば、それでOK。

 

机上論ならいくらでもできるので、シラーPERだけで投資方針を変更をしなくても良い。

 

未来予想を的中させるのは困難

金融超最先端の国、アメリカ。

昨今ではAIが活躍しているらしい。

金融工学を極めた学者や人工知能が、株式投資で大成功するというエビデンスは一切ない。

 

結局は未来を言い当てるのは誰にもできないし、そんなことが出来たら世の中面白くない。

 

シラーPERで米国株価を見みると高いか安いか?

いまのシラーPERだけで見ると、アメリカ株価は過去に比較して高いといえる。

一方でこの値だけをもってして、近い将来に暴落するとは言い切れない。

 

株価は高そうだ、だから○○しよう。

この○○の部分は個々に委ねられるわけだ。

何の結論も出ないが、投資とはそういうことであるのだと思う。

 

参考バリュー投資とは何なのか?

 

で、どうする?

シラーPERから導き出される答えは参考にする。

それでも行動は変えずにおく。

ただしキャッシュ比率は少しだけ高めに据えておこう。

 

以上、「シラーPERを見て、米国株価は割高か割安か考えた【17年6月】」でした。

 

See you!

 

■割高かどうかについての関連記事紹介

米国株が割高かどうか確認をしながら投資を続けていく

米国株は割高か確認してみた S&P500の3つのデータからの考察
アメリカ株は割高なのか、それともまだまだ割安で買いのタイミングであるのか?いつだって個人投資家は売買タイミングに悩んでいるはず。株式市場という大海原を目の前にして。 そこで本記事では2017年9月末時点におけるS&P5...

 

FRBの金利政策によって株式市場がどのように変化するのか、その関連性は深い

アメリカの利上げ・金利上昇と株価の関連性
アメリカの経済指数は軒並み好調を維持している。その結果、米国は利上げ局面に差し掛かっている。 金利上昇局面での投資の方法はどうするか、個人投資家としては準備しておきたい。 今回は、アメリカの金融引き締めに対応する7つのス...

 

割高・バブルの後に暴落や株価調整が待っている、歴史は繰り返すのか?

株価暴落はいつ起きる? アメリカ市場の暴落周期9回のまとめ
株価暴落がいつ起きるか予測は出来ない、しかし暴落は定期的に発生している NYダウ平均株価指数の歴史をみると、株価暴落は定期的に発生しています。 およそ10年周期に20%以上の株価下落が発生していることになります。 これ...

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

 

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。

米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。

 

米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

>おすすめ証券会社を比較

私のおすすめマネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

 

【マネックス証券 米国株】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

マネックス証券の公式サイトを確認する

米国株投資のメリット
スポンサーリンク
はちどうきゅうどうをフォローする



アメリカ株でアーリーリタイアを目指す

コメント