スポンサーリンク

米国株が高値でも買い増しするのはなぜ?

高値でもアメリカ株を買う理由はあるのか?近ごろの米国株価はすこぶる調子が良い。新高値更新の報をよく目にする。このような中でも、定期的にアメリカ株を買い増しすることを私は選択している。

もちろん株価が安いときに買って高値で売るのが一番良い。しかしそんな売買は出来ないという自己評価を下している。悔しいがそれが現実であるのだ。

それではなぜあえてこの高値の時に株式を買い増しするのだろうか?

答えは簡単。

経験を積むこと、株価上下によっても後悔しない理由を持っていること。

参考アメリカ株による私の資産運用方針 【2017年版】

スポンサーリンク

毎月の給与収入は強みであり、株価が高くても買える

タイミング投資が出来ないという判断を下してはいるが、それでも高値で株式購入する前提が必要となる。

キャッシュだ。お金が無ければ株式投資は始まらない。

自身を見れば、私はサラリーマンを続けている。サラリーマン投資家の強みは何といってもその給与収入である。

このキャッシュフローという強みを生かした結果が、高値でも購入することに繋がっている。

つまりはアセットアロケーションにおける現金比率を高くしすぎないという事だ。

参考サラリーマン投資家の強みと弱み

買値を忘れるのは困難

投資において、買値にこだわらないことの重要性が説かれている。

だが私は思う。

そんなことは無理だ。

投信積立とかラップ口座だとか、他人任せならばそれも可能であろう。ところが個別株に投資している個人としては、全てが自己責任なのである。そして自分で決定できるのが、買値と売値だけなのだ。

投資は自己責任と言っておきながら、買値を忘れろと説かれるのには矛盾を感じる。なので忘れるというのは短期売買を繰り返さないための言葉だと認識している。

そういった意味で、買値を忘れるのではなく短期売買を避けるために私は配当金額を投資指標としている。それでも平均購買価格はもちろん記録しているのだ。

いずれにせよ、買値は忘れられないという前提を持っておく必要がある。

高値なのに株を買い増しする理由

冒頭申し上げたように、経験を積むこと、株価上下によっても後悔しない理由を持っていること。

これを分解してみよう。

  • 高値で買った経験を持つ
  • 株価上昇する
  • 含み益だ、ラッキー

  • 高値で買った経験を持つ
  • 株価下落する
  • あんなに高く買った株が、こんなに安く追加購入できる、ラッキー

高値でもアメリカ株を買う理由

高値で買っても、その後の株価がどうなろうがツイていると思うことが出来る。

無理やりかもしれないが、そう信じている。なので私は高値と言われても米国株を買う。

逆の局面、暴落や株価下落の際に買い向かう事は精神的な困難さを伴う。そこで役に立つのがこの高値で買った経験である。あんなに高く買ったものが、こんなに安く買えるの?と思う事が出来るはず。

株価に左右される個人投資家は多く、私も心が弱いのでその一人だ。

はぁっ? つべこべ言わずに毎月積み立てしろよ!

そんなツッコミは放っておく。

暴落なんて一生来てほしくはないが、来たときに対応できるように心だけは準備しておきたい。そして毎月のサラリーと配当金が、株価上昇・下落の両局面で買い向かう事をサポートしてくれる。

参考株価暴落の怖さとは、長期投資で得たリターンと自信を一気に失うこと

高値で買えるのは米国株の良さ

アメリカ株といえども、遠くない将来に下落局面を迎えるだろう。10年に一度程度の割合で、暴落が発生している過去があるのだから。

一方で暴落前の高値を常に更新し続けている強みがアメリカ株にはある。時間さえ味方につければ、リターンを得られる確率は極めて高い。

そしてそれはしばらくの間は続くであろう。

結局は高値だとかなんだとかではなく、アメリカ株投資が好きなのだと改めてわかった。

好きだから買う。

こっちの理由の方が簡潔でイイ。

以上、「高値なのにアメリカ株を購入する理由を考えてみた」でした。

See you!

参考マネックス証券松本大が語るアメリカ株投資の6つの魅力

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

コメント

  1. R より:

    あとは現金だと配当が入らないからですね。
    自分も現金ポジション多めなのでそろそろ買わないと…

    基本売らないから買値忘れてもいいはずですが
    どうしても記録してしまいますね。

    • はちどうきゅうどう より:

      Rさん
      キャッシュは現金を産み出さないですからね。
      配当金の存在はとても大きいです。

      買値を忘れろというのは極言であって、本当に忘れていいというわけではないと私は思います。
      株を買ったら記録してしまいますよね。

  2. 匿名 より:

    暴落のバーゲンセール時に備えて現金ポジションを資産の3分の1程度にしてますが、現金で持ちすぎですかね?
    リーマンショックから10年経ちましたし、次の不況時に買い向かいたいのですが…
    その時に機会損失になるのが嫌なんですよね。含み損は一向に構わないのですが。

    • はちどうきゅうどう より:

      私も同様に考えています。
      先日チェックしたのですが、現金比率は38%でした。

      下落局面で買い向かいたい & 今買わないとバスに乗り遅れる ということから少しずつ株式積み増ししている状況です。

      おっしゃるように10年に一回程度は30%暴落局面があるのが歴史なので、近い将来にリーマンショック級とならないまでも株価堅調フェーズが終了すると予想はしています。

      ともに来たるべきに備えていきましょう。

  3. 読者 より:

    > 買値は忘れられない
    ですね.「買値を忘れろ」と「絶対に損をしないこと」は舌足らずかと.

    > 自分で決定できるのが、買値と売値
    です.では,暴落発生時の行動パターンはどの様に?
    単純には「現状から20%下落したら売り,そこから10%復帰したら買い戻す」等.
    何の手も打たないと復帰するのに13年掛かります(S&P500@2000=S&P500@2013)
    平時の購入法ばかりで,有事の対応を書く人が居ないのは不思議です.
    飲み会で要望があったと伝えといて下さい(^-^;