スポンサーリンク

あなたは暴落への対応策を用意していますか?

ここ数年、アメリカ市場は堅調そのもの。

リーマンショックから10年近くが経過し、金融危機や暴落とも縁がなさそうな経済状況指数を示している。

ところがこんな状況だからこそ考えてしまうのが最悪のケース。

暴落とは定期的に生まれてくる悪魔であるのだから。

スポンサーリンク

S&P500の暴落

1926年以降、直近高値から20%以上の下落ケースは10回あった。

そしてこの20年を振り返れば、ご覧の通り。

1997年以降、2回の暴落が発生している。

  • 2000年:ITバブル崩壊
  • 2008年:リーマンショック

それぞれ直近高値からの下落を見ると、株価が半分に落ちている。

  • ITバブル崩壊  :-49%
  • リーマンショック:-57%

恐ろしい。

20世紀以降のNY市場にフォーカスし単純計算すると、約10年に1回の頻度で暴落は発生していることになる。

百年以上の歴史を用いた計算だ。

ある程度の信頼性をもって未来でも同様であると考えられる。

リーマンショックは9年前のこと。

時間軸のみで考えれば、今はいつ暴落が来てもおかしくはないのである。

暴落の怖さ

少し前に暴落の怖さを考察した際、2つの項目を抽出した。

  1. 長期投資で得たリターンを失う(資産)
  2. 積上げてきた自信を失う(精神)

暴落とは資産のみならず心までを削ってくると想像する。

さらに極端に考えるとどうなるか?

  1. 資産:ゼロになる or マイナスになる
  2. 精神:精神崩壊し、身体を壊す

ここに対策を考えておくのがよかろう。

参考?株価暴落の怖さとは、長期投資で得たリターンと自信を一気に失うこと

暴落への対策

資産がゼロになる

ITバブル崩壊時やリーマンショック時には、株価暴落どころか企業そのものがなくなってしまった例が多々ある。

資産価値ゼロとなってしまうわけだ。

これには以下の対応策をとる。

  • キャッシュを保持
  • 銘柄分散

資産がマイナスとなる

信用取引やレバレッジ等を活用していると、暴落に巻き込まれた際に資産が一気にマイナスとなる可能性がある。

対応策は単純に

  • レバレッジは使わない

素人個人投資家にはこれが一番である。

”信用売り”などの対応策もあると思うが、手が出しにくい。

これが個人投資家が勝てない理由のひとつではあろう。

それでもプロの投資家ですら勝ち続けているわけではない。

なので自分の目の届く範囲に焦点を絞るのが良いと私は考える。

精神崩壊し身体を壊す

保有銘柄が全て半額になったことをシュミレーションする。

考えただけで泣きたくなる。

実際に大暴落が発生したとしても、生活に支障が出ないポジションにしておくのが良い。

そして投資におけるルーチーンを崩さないようにしておきたい。

つまりは

  • 自分のリスク許容度を知る
  • キャッシュポジションを確認する
  • 日ごろからイメトレしておく
  • 投資方針と行動規範を設定しておく

言うは易く、行うは難し。

暴落時の行動

重要な事を思い出そう。

なぜ私は米国株に投資しているのか?

そう、右肩上がりであり誰でも勝てる市場であるからだ。

重要なことは、市場が下落したときには必ず回復し、さらには新たな高値まで上昇している。

なので暴落という名の悪魔を恐れ対策を練るばかりでは片手落ちである。

暴落を友とする方法を模索したい。

で、どうする?

アメリカ市場に投資しているならば、買い向かうのが正解となる。

そのために何が必要か?

1.いつでも追加投資可能な状況にしておく

  • キャッシュポジションの確保(私は20%)
  • 日ごろの家計収支をプラスにする

2.買い向かう方法を想定しておく

  • 銘柄分散をして購入する
  • 一度に大きく買わず、購入時期分散をする
  • 暴落時を想定した会話を投資仲間と交わしておく

参考?米国個別株オフ会に参加。まずはオフ会って何?から事前リサーチ

番外. アーリーリタイア後を想像しておく

  • リスク管理の知識と経験を蓄積する

定期的な給与所得がない場合には、追加投資が困難となる。

したがってサラリーマン時と退職後に暴落に巻き込まれることは意味合いが大きく異なる。

リスク許容度の問題だ。

幸いなことに私はまだ給与所得があり、暴落への許容度は高い。

一方で退職後に暴落が発生することもあるのだと肝に銘じておきたい。

さいもんさんのエントリーはアーリーリタイア志向者のみならず、全ての個人投資家に必読の書である。

終わりに、

暴落への対応策とその時の行動を株価好調時からシュミレーションしておいて損はない。

避難訓練とは平時に繰り返ししてこそ意味をなす。

そしていざその時の行動が将来を決定づける。

はたして暴落時に買い向かえるのか?

これが大きな分岐点。

尚、本ブログは米国市場を前提としているので悪しからず。

平時からマネックス証券でアメリカ株情報入力するのは効果的。

あなたは暴落への対応策を用意していますか?

See you!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク