スポンサーリンク

配当金生活への道しるべ 経済的自由指数 【17年1Q】

経済的自由や不労所得は、サラリーマンの憧れだ。

株式投資をしたことがある人は、配当金生活に一度は夢見た事があるはず。

その配当金生活へのマイルストーンを私は、経済的自由指数(FI%)を用いて設定している。

参考 配当金生活、それは憧れから目標へ

スポンサーリンク

経済的自由指数(FI%)とは?

FI%(Financial Independence)= 配当金獲得額 / 家計支出

の計算式から算出される。

つまり配当金生活が可能となるかどうか?を示す指数である。

この数値を好転させる為には

  • 配当金獲得額を増やす
  • 家計支出を減らす

の2パターンしかない。

このシンプルさが私は大好きだ。

ブログ収入とは不労所得ではない、でも配当金生活の補助にはなりそう

経済的自由指数(FI%)の分子は、「配当金獲得額」を用いている。

配当金だけに限らず、他の不労所得を合算しても良いと感じる。

例えばブログ収入。

正直申し上げてブログ収入の方が配当金獲得額より大きくなりつつある。

だが一方でブログ収入には記事投稿への作業時間が発生する。

戦略なくして始めた当ブログ。

収益率は散々たるもの。

コンビニバイトでもしていた方が効率は良いだろう。

残念ながら単価があまり高くない。

作業量はあなたの想像以上に多いのだ。

したがって今のところブログ収入は、不労所得と見なさないことにする。

むしろ見なせない、といった方が適切かもしれない。

参考 サラリーマンは給料の12.5%の副収入獲得を目指せ

経済的自由指数(FI%)【17年1Q】

2017年1-3月の結果は以下の通り。

  • 配当金獲得額 :135,822円
  • 家計支出額  :1,335,720円
  • 経済的自由指数:10.2%

昨年末を振り返ると17年の目標は、経済的自由指数:12.2%としていた。

その数値までは届いていない。

2015年以降、経済的自由指数は上昇している。

だがその速度は予想を下回っている。

  • 2015年通年 :9.9% (配当税引き
  • 2016年通年 :10.5% (以降、税引き
  • 2017年1Q :10.2%
  • 2017年目標 :12.2%

つまりさらなる節約とともに、米国株への資金投下および配当再投資を加速する必要がある。

参考 家計簿だけではダメ、資産運用と収入アップも狙え【17年1Q】

終わりに、

2015年以降、投資や経済的自由についてブログ投稿してきた。

私はお金が好きなのだ、とつくづく感じる。

そのような中「あくまでお金は、人生の選択肢を増やす為のもの」という前提を忘れずにおきたい。

そして経済的自由指数の改善を貪欲に狙っていく。

以上、「配当金生活への道しるべ 経済的自由指数 【17年1Q】」でした。

See you!

参考お金があれば、人生の選択肢が増える

■配当金生活の関連記事

受取配当金が年50万を達成し、ますますインカムゲイン投資の魅力に取りつかれている

配当金生活とはサラリーマンの憧れ。配当金生活を成し遂げるためには、配当金の積上げと支出削減・節約が必要となる。 2016年に私は年間50万円の配当金受取を達成した。配当金生活への道半ばである。半ばどころかようやく一里塚に達した...

長期投資において配当金とは切っても切れないもの。年金運用のリターンをみれば一目瞭然

長期投資において、配当金・インカムゲインの重要性は高い。 今回は長期運用を前提としているGPIFの年金運用から、配当金の意義を考察する。 年金積立金の市場運用を開始した 2001(平成 13)年度から2016(平成 28...

株主還元では配当金と自社株買いのどっちが良いのか比較される。私は配当金派ですね

米国株において、配当金と自社株買い銘柄、株主にメリットがあるのはどちらなのかを考察したい。 前提としてアメリカ企業は株主還元に積極的である。 それが故に株式投資をするならば米国株を中心に考えると良いと私は思う。 配当金...
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク