スポンサーリンク

家計簿だけではダメ、資産運用と収入アップも狙おう【17年1Q】

他人のお金について気になる人は多いはず。

そんなニーズに応えて私は投資状況だけでなく、家計簿も赤裸々に公開してしまう。

17年1月~3月の合計額を3で除した月平均支出額がこちら。

スポンサーリンク

都内在住4人家族サラリーマンの家計簿

月平均で、445,240円の支出をしていた。

項目 金額(円) 累積割合
保険 100,975 23%
食費 83,906 42%
教養・教育 54,417 54%
住宅 50,600 65%
日用品 40,105 74%
趣味・娯楽 27,165 80%
衣服・美容 23,057 85%
通信費 19,800 90%
水道・光熱費 19,071 94%
交際費 11,837 97%
自動車 8,460 99%
交通費 3,783 100%
健康・医療 2,063 100%

ちなみに保険料は一括支払いをしている。

本年分を全てを支払済であるが、それを3ヵ月で割っている為に月額が大きく見える。

それでも保険・住宅費・教育費・食費 が支出の大部分を占めていることが分かる。

この4項目だけで我が家の65%の支出を占めているのだ。

家族の為に頑張っている感がハンパない。

私は頑張りすぎなのだろうか?

いや、それを幸せと感じているから問題なし。

理想と現実のGAP

家計簿をつけるということは、支出をしっかりと数値で表すことに他ならない。

その結果可視化された現実と、理想とする姿のGAPを埋めることが可能になる。

家計簿をつけている甲斐があるというものだ。

ところが2017年は、我が家の家計支出の理想像・目標設定するのを失念していた。

ここはブログのメリットを生かし、過去の目標および実績を参照しよう。

  • 2016年の家計支出目標:40.5万円/月
  • 2016年の家計支出実績:41.8万円/月
  • 2017年1-3月実績 :44.5万円/月

おおむね順調な2017年の滑り出し。

上述のように保険料の一括支払いを済ませているので、1-3月の支出実績が高くみえているだけだからだ。

本年も無駄遣いはせず、楽しいことには支出を惜しまずに過ごす。

参考 4人家族で都内在住サラリーマンの年間支出はいくら?

参考 支出予算を月額40.5万円に!我が家の2016年目標

懸念点

我が家の家計支出では、住居費 50,600円となっている。

これはサラリーマンのメリット、福利厚生を享受した結果である。

いわゆる借り上げ社宅を活用しているわけだ。

ところがこの制度、期限が定められている。

いずれ住居費が跳ね上がってしまうことを想定した上での、家計のやりくりが必要となる。

このような懸念点はあるものの、サラリーマンなのだから会社にお世話になろう。

住居費を今のうちに節約しつつ、残ったお金を米国株式にまわしていく。

支出削減と共に、収入アップ&資産運用

我が家は月額40万ちょっとの支出である。

これをどこまで削減できるのか?

例えば、40万円 → 30万円 への家計支出を削減したとする。

これで年間120万円がうく計算となる。

この節約と同じ分、家計に寄与する方法が無いかを考えるとすぐに2つが思い浮かぶ

  • 収入を増やす(副業含)
  • 資産運用でふやす

節約が精神的修行を主目的としているならば、特に問題がない。

しかしお金の為に節約をしているとすると、支出削減以外の方法も取り入れたい。

家計の改善を試みる場合、節約のみでは片手落ちどころか全くもって不十分である。

収入あげるのは無理だよ、と思っているあなたはリクナビNEXTにとりあえず登録してみてはいかがか。

あとはブログを始めるのもおすすめ。

節約できるほどの精神力があれば、その能力を他のところにも使った方がよい。

参考2025年までに、お持ちになる6つの方法

参考 不労所得の構築、ブログ収入が毎月定期的になった!

終わりに、

家計簿や節約 という言葉を好む人は多い。

お金を減らしたく無い、むしろ増やしたいとの希望が込められているワードである。

なので節約・家計簿と共に、収入アップ・資産運用という概念をもっておきたい。

もちろん人生ではお金がすべてではない。

一方でお金があれば、人生の選択肢が増えるのは確かだ。

自分の家計に真摯に向き合うことは、とても大切なことだと思う。

私は欲張りなので3つとも全てゆる~く狙うよ。

  • 収入アップ
  • 支出削減・節約
  • 資産運用

二兎追う者は・・・ なんて関係ない。

人生楽しんだもの勝ちなのだから。

See you!

参考お金があれば、人生の選択肢が増える

■年収・収入アップの関連記事

やる気のない日本において、少しだけやる気や情熱を見せればすぐに強みとなる

年収をあげたいなぁなんて漠然と思っていませんか? 年収を上げる簡単な方法に、熱意ある社員を演じるというものがある。 なぜなら、日本には熱意ある社員がわずか6%しかいないのだ。 他人と差別化をすることで、デキル社員を...

P&Gに勤めるエリートサラリーマンはなんと年収1,500万円も稼いでいる

日本のサラリーマンの年収とは世界と比べて高いのか? 先進国とはいえ生産性の低さから低賃金であるのが日本の給料の特徴である。 では生産性の高さを世界標準で維持しているグローバル企業の年収を、アメリカと比較したら高いのか・低いのか。...

節約ばかりではなく、収入アップ例えば世帯年収1,000万円を目指したい

世帯年収とは年齢別でよく語られる。家族の有無によっても年収総額の計算方法は変わるだろう。 そういったことは抜きにして、とりあえず日本の平均年収をアメリカと比べてみた。 日本人の年齢別平均世帯年収をアメリカと比べた結果 日本...
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク