アセットアロケーションの定期確認【17年1Q】

スポンサーリンク

資産配分比率の目標

ウォール街のランダム・ウォーカーによれば、30代のポートフォリオは株式65%が推奨されている。

それを受けて、私のアセットアロケーション目標は以下のように設定していた。

  • 株式 :70%
  • 現金 :10%
  • 債券 :10%
  • 不動産:10%

ところが、ウォール街のランダム・ウォーカーは、アーリーリタイアを前提としていないことが判明した。私は、サラリーマンがアーリーリタイアを目指す際にはよりリスクをとった運用が求められると理解した。

そこで2017年のアセットアロケーション目標を下記へと変更する。

  • 株式 :80%
  • 現金 :15%
  • 債券 :0%
  • 不動産:5%

これで正しいのかどうかわからない。

そんな私のアセットアロケーションで大丈夫なのだろうか?

参考:ウォール街のランダム・ウォーカーは、アンチアーリーリタイア?

スポンサーリンク

アセットアロケーションの公開範囲

私名義の証券、銀行口座のアセットアロケーションを算出した。

つまり、妻および子供名義の資産は除外している。

尚、子供口座ではニッセイ外国株式インデックスファンドの積立をしている。

我が子が成長した際、インデックス投資家へと目覚める可能性大だ。

私のアセットアロケーション【17年1Q】

アセット 現状 目標
米国株式 59% 75%
日本株式 6% 5%
不動産 4% 5%
債券 1% 0%
現金 29% 15%
合計 100% 100%

この資産比率をみれば一目瞭然。

現金を減らし、米国株式を購入することが必要となる。

しかしながらチキンハートの持ち主である私は、一気にリバランスをすることができない。

こんな際に便利な買い増し方法、それがなんちゃってドル・コスト平均法

毎月購入するルールではあるが、ゆる~い感じの方法である。

  • 購入日:不定
  • 購入額:不定

このメソッドを用い、資産配分のリバランスは数か月の時間をかけて実施していけばよい。

日本株式を売却し続けたために、現金はしっかり残されている。

月毎購入額・一回購入額を多めにし、なんちゃってドル・コスト平均法を続けていく。

なんだか3か月前にも同じことを言っていたような、、、

まぁ、細かい事は気にしない気にしない。

参考:私のアセットアロケーション 【16年12月】

まとめ、

私名義の資産配分は、株式65%であった。(米国株:59%、日本株:6%)

株式比率80%を目標として設定しており、15%分のリバランスが必要となる。

それなりの金額である。

大きな一歩を踏み出せない私は、小さな一歩からはじめることにした。

ゆる~い感じのなんちゃってドル・コスト平均法を用いて。

投資はすべて自己責任。

逆に言えば自分の好きなように続けていける。

投資は楽しく、挑みがいのあるもので、ストレスと不安を感じるようなものであってはならない

ウォルター・シュロス

いや~、投資って本当にいいもんですね。

See you!

参考:配当金生活、それは憧れから目標へ

■アセットアロケーションに関する記事紹介

株式比率は年齢とともに変更していくのがよい

年齢によってアセットアロケーションを変更することが推奨されている。投資できる年数が年齢によって異なるからだ。 ではおすすめのア

投資のリターンはどの株を選ぶのかではなく、どの資産に投資するのかがリターンを決める

投資では、アセットアロケーション(資産配分比率)が最重だと言われる。 トータルリターンがアセットアロケーションでほぼ決まるからだ。

アセットアロケーションとポートフォリオって紛らわしい

アセットアロケーションとポートフォリオの違いとは何かを明確に区別するには日本語訳してみれば良い。資産配分比率、保有有価証券一覧表である。
スポンサーリンク

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ