米国株ポートフォリオからの配当金を公開【17年1Q】

スポンサーリンク

対象

私は自分名義の証券口座を3つ保有している。

  1. マネックス証券 :米国株
  2. SBI証券     :日本高配当株 + インデックス投信積立
  3. 楽天証券    :NISA口座、ETFがメイン

このなかの赤字部分、アメリカ株の配当成長ポートフォリオの配当金を記録しておく。

 

尚、私は財産所得(私の場合は配当金)が勤労所得に対する比率のマイルストーンを設置している。

  • 12.5% (日本平均)
  • 33.3% (アメリカ平均)

残念ながらまだ1stマイルストーンにも達していない。

いずれはマイルストーンを達成、そして経済的自由の獲得! そう思う。

 

*参考:サラリーマンは給料の12.5%の財産所得獲得をまずは目指せ

 

スポンサーリンク

アメリカ株からの配当金額【17年1Q】

米国株投資を開始した2015年以来、四半期毎の配当金受取額は緩徐に増えている。

これは増配が寄与しているというよりむしろ資金の逐次投入による影響が大きい。

配当金額は上昇中であるものの、配当金再投資や増配を体感できるレベルには遠い。

まだまだ種蒔きが必要なフェーズなのだ。

なので今後もどんどん資金投下をしていきたい。

 

ところがここ最近の米国株価は堅調であり、割安と思える銘柄は少ない。

こんな時には「待ち」すなわち購入せず、という選択肢が現れる。

いま買わなくてもいいでしょ! という囁きがどこからともなく聞こえる。

 

そんな弱気な心を払拭してくれるのが、なんちゃってドルコスト投資法

アメリカ株は基本的に右肩上がりであることを思い出し、私は4月にも何かしらの銘柄を購入する。

 

スポンサーリンク

アメリカ個別株別の配当金額【17年1Q】

銘柄株数受取$
JanIYR2015.45
JanPFF13018.96
JanIFGL10093.08
JanWMT10136.23
JanNGG2518.8
JanGSK33.16
JanMO3515.32
JanCINF3010.35
FebVZ10041.44
FebT18063.27
FebPFF13017.87
FebPG7536.03
FebABT10019.03
MarWFC18049.07
MarPFE20045.92
MarSO11044.2
MarPFF13017.83
MarMSFT5014
MarXO6635.51
MarIBM5050.23
MarEMR10536.16
MarCVX2519.39
MarJNJ8045.92
MarMCD4530.36
MarUL10027.42

 

このように一回一回の配当金額はそれほど高額ではない。

長き渡って積もり積もって初めて大きな塊となる。

小さなことを積み重ねていくこと、継続することは株式投資とくに配当金狙いの場合において大切な要素だと思う。

基本に忠実に自分の方針に沿って今後もしっかりと実践していきたい。

スポンサーリンク

終わりに、

配当金額が徐々にではあるが増えてきている。

安定した配当収入は心のオアシス。

株式投資継続への肥やしとなり、継続が配当を成長させていく。

 

このような過程を踏む米国配当成長投資が私は好きだ。

 

いや~、投資ってやっぱりいいもんですね。

 

See you!

 

*参考:ダウ銘柄の配当支払い月一覧

*参考:配当王19銘柄の配当支払い月