ウォール街のランダム・ウォーカーは、アンチアーリーリタイア?

スポンサーリンク

インデックス投資本といえば、ウォール街のランダム・ウォーカーが真っ先に思い浮かぶ。

先日、ふとしたきっかけでこの本を手に取る出来事に遭遇した。

そして<原著第10版>を読み返してみると、気になる点が見つかった。

それは

本書は、アーリーリタイア狙いの投資家向けでは無いという事。

ウォール街のランダム・ウォーカーは、ライフサイクルに合わせた投資をおすすめしている

世代別、ライフサイクルに合わせたアセットミックスをきちんと数値で示しておりとても有用だ。

例えば、30代後半から40代初めの投資家のアロケーションは下記が推奨されている。

  • 株式 65%
  • 債券 20%
  • 不動産10%
  • 現金  5%

私もこの数字を参考にしている。

ところがこの章を読み返していると気になるセンテンスがあった。

投資家が年をとるにつれて、リスクの高い投資の割合を減らし、債券やREIT(上場不動産投信)、配当が安定して高水準な株式の割合を増やし始めるべきである。

そして、55歳までには定年後に備えた生活設計にとりかかり、利子・配当収入を中心にしたポートフォリオに切り替えるべきだ。

ウォール街のランダム・ウォーカーより

この文言を読み、私は感じた。

アーリーリタイア狙いの投資家向けの本ではないのだと。

参考:30代のポートフォリオは、株式65%

スポンサーリンク

ウォール街のランダム・ウォーカーに言われ馬でもなく、資産額を増やすことは大事

本書をすべて読み返したわけではない。

一部の章だけを掻い摘んだに過ぎない。

その一部分から私が強く感じたのは

  1. 定年まではしっかり働く
  2. インデックス投資で資産を殖やしていく
  3. 増やした資産を50代の内に徐々に利子・配当狙いに切り替える

と訴求されていること。

なんてこった。

定年まで働くことを前提に書かれている。

初めて読んだ時にはとてもインプレッシブな内容であったのだが、実は私の目標には合致していなかったようだ。

さらにこの章を読み進めていく。

そこで、痛恨の一撃を喰らった。

ウォール街のランダム・ウォーカーを読んで考えたい、「老後への備え」

実際問題、私は誰に対しても健康がゆるす限りできるだけ定年を先に延ばし、公的年金の受け取り開始時期をなるべく先に延ばして、その見返りにより多額の年金を受け取る道を目指す事を強く勧めたい。

ウォール街のランダム・ウォーカーより

定年まで働くどころか、本書は定年以降もより長く働くことを推奨している。

言い換えれば、アンチアーリーリタイアなのだ。

知識の補完という意味ではとても役立つ本である。

しかしながら、アーリーリタイアを狙う投資家としてはあくまでも参考にとどめておいた方が良いかもしれない。

ウォール街のランダム・ウォーカーは参考になる投資本である

アメリカ株でアーリーリタイアを目指す上では、どのようにしたらよいだろうか?

ウォール街のランダム・ウォーカーのアセットミックスを参考にする場合には、株式比率を高めた方が良い。

私は信用取引などのレバレッジをかけるつもりはないが、もう少しリスクを取りにいくつまりは株式比率を上げたい。

そして、他の本や方法、模範となるモデルを探求してみよう。

多方面の情報を集め、そこから少しずつ自分流の投資コンセプトや方法を構築していけばよい。

一貫性と寛容性、この相反するようにみえる二点を取り入れる。

いまのところは米国株とくにダウの犬銘柄シーゲル銘柄配当貴族へと投資する。

もちろん、より最適な戦術がみつかれば採用していく。

兎にも角にも、ウォール街のランダム・ウォーカーは、アンチアーリーリタイアという事実をいまさらながら知り、ショックを受けつつもワクワクした夜であった。

いや~、投資本って本当にいいものですね。

See you!

参考:インデックス投資との勝負 ニッセイ外国株式インデックス積立に完敗

参考:インデックス投資の手数料は本当に安いの?個別株投資と比べてみた

スポンサーリンク

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ