目標がないサラリーマンの生きる方法

スポンサーリンク

目標がないサラリーマンは、より少なく働きよりよく生きればいい

アーリーリタイアやセミリタイアといった極端な概念は日本では許容度が低い。

だが、サラリーマンならば一度は考えた事があるはず。

「より少なく働き、よりよく生きる」方法はないか、と。

もしあなたに目標がないのであれば、この生産性を高めた労働方法を参考にしてはどうだろう。

サラリーマンとは給与所得者を指し、労働対価として給料をもらっている者のこと。

では”労働”とは何を意味するのか?

スポンサーリンク

目標がないサラリーマンは「労働とは?」について考えてみよう

からだを使って働くこと。

(経済学)人間が自然に働きかけて、生活手段や生産手段などをつくり出す活動のこと。

ウィキペディアより

労働の意味はなんとなく理解できる。

ところが、ウィキペディアを読み進めていくと気になる文言に出くわす。

古代ギリシア

ヘシオドスの文献に書かれているように、農業活動は同時に宗教的行為であり、また共同体の規範が重層した倫理であった。

近代的な意味での「労働」ではなかった。

ウィキペディアより

「労働」の意味は、現代と古代ギリシアでは異なる。

どこが違うのか?

今回は、古代ギリシアにおける労働への考え方を学んでみたい。

目標のないサラリーマンは、「古代ギリシア人の労働への考え方」を知ろう

古代ギリシア人は以下のように考えていた。

  • 働くことは卑俗なこと
  • 働くのは奴隷
  • 働くことは生産的ではない
  • 働くことの唯一の理由はもっと自由時間を得るため

ギリシアの哲学者、ソクラテス曰く

肉体労働者は他の人々と交流したり地域社会に貢献したりする時間がないため、悪い市民である。

友人として望ましくない。

ソクラテス

このように、現代と古代ギリシアでは労働に対する見方が大きく異なる。

人類史上、いま現在はとても豊かな時代である。

古代ギリシアやローマ時代も同様に豊かであったことは忘れてはならない。

ともに豊かな時代ではあるが、労働への意識にGAPがあることは興味深い。

目標のないサラリーマンは、少なく働き、よりよく生きる

現代社会において、生活の為に働くは必要である。

ところが、あなたや私を含む多くの人が考えるレベルの働き方は必要ないかもしれない。

例えば、物質的な目標をほどほどにすれば求められる労働量は少なくて済む。

すると、労働環境は驚くほど改善されることになる。

その結果、もっとのんびりとした時間を過ごせるようになる。

人生楽しめそうだ。

サラリーマンに目標を見出せず、アーリーリタイアを目指す場合

”より少なく働く” という考えを持つ必要がある。

ところがそのように考えるサラリーマンは極めて少ない。

あなたの上司を含めて。

なので、もしアーリーリタイアやセミリタイアを目標としていても、サラリーマンである限りは社内で余計な事はしゃべらない方が良い。

うっかり口を滑らせないように要注意。

See you!

関連記事の紹介

年収1000万円は、サラリーマンの憧れ

億り人という言葉が投資界隈には存在する。 憧れませんか? 億り人とは投資によって金融資産1億円を達成した人を指します。

生きがいとは何かを考えながらサラリーマン生活を過ごしておきたい

「生き甲斐」、あなたはもっていますか? 突然そんな質問をされても困りますよね。 でも巷では、退職後に生きがいが必要だと説かれてい

目標がないのならばいっそのことサラリーマンを卒業してみるというのも手である

サラリーマンならば一度は考えたことがあるはず。早く辞めたいなぁと。 早期退職といえば肩たたきの意味を強く感じるが、セミリタイアとかアー
スポンサーリンク

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ