スポンサーリンク

投資方針に合わない銘柄への対応方法は二つ

投資ではアセットアロケーションが重要であり、運用リターンの90%を決めるされる。

その資産配分比率を含め、運用方針の策定が最重要なのは言うまでもない。

それでは投資方針に合わない資産や株式銘柄があったらどのような行動をとればよいのか?

今回は投資方針に合わない銘柄を保有していたときの対応方法について考えてみた。

スポンサーリンク

ポリシーはあるか?

過去にHONDAが流したCMで使われた言葉。

「ポリシーはあるか?」

ストリームという車をHONDAが発売し好調であった時期がある。

その最中、トヨタからWISHというライバル車が発売された。

そのタイミングでのコマーシャル中にて放たれた言葉。

ちなみにストリームは私が新入社員の際に初めて購入した車。

20代前半の私には、「ポリシーはあるか?」のCMは、かっこよく見えた。

その名言、いまの私の保有銘柄には当てはまるのか?

私の投資方針

購入対象: 米国連続増配銘柄

購入時期: 給与 or 受取配当金が貯まり次第、なるべく毎月購入(願望)

保有期間: 2027年迄は保有

目標管理: 配当金額 (評価額では無く)

プロフィール HN   :はちどう (はちどうきゅうどう) 職業 米国株投資家 楽天的サラリーマン ブロガー Happy 家族研究家 保有免許 :自動車普通免許、宅建、薬剤師 性格  ...

下から順番に一つずつ振り返ってみる

運用の目標管理

目標管理は、配当金額 (評価額では無く)としている。

これはしっかりと実行出来ている。

毎月の配当金額をトラッキングし可視化しブログにも投稿済。

月毎配当金額

160702 dividend

株式の保有期間

2027年迄は保有 、としている。

だが自分のポリシーに反して保有している銘柄はその限りではない。

私が米国株投資を始めて以来、売却したのはただの一度のみ。

それは、アマゾン【AMZN】

今後も投資方針にそぐわない銘柄の売却は厭わない。

購入時期

給与 or 受取配当金が貯まり次第、なるべく毎月購入(願望) 、としている。

これも本年は毎月達成。

デコボコはあるものの、毎月何かしらの銘柄購入を継続中。

月毎購入金額

160704 ammount

購入対象

米国連続増配銘柄 、 としている。

本当に連続増配銘柄のみ保有しているかを確かめた。

必ずしもそうとは言い切れない。

保有銘柄

(5年以下の連続増配は未記載)

会社名 増配年
JNJ ジョンソン・エンド・ジョンソン 54
WFC ウェルズファーゴ 6
IBM アイビーエム 21
T AT&T 32
PG プロクター&ギャンブル 60
XOM エクソン・モービル 34
WMT ウォルマート 43
SO サザン 16
VZ ベライゾン 11
PFE ETF 6
PFF ファイザー 6
EMR エマソン・エレクトリック 59
GSK グラクソスミスクライン
MCY マーキュリー 29
MCD マクドナルド 40
VT ETF ?-
IFGL ETF ?-
MSFT マイクロソフト 14
CVX シェブロン 28
CINF シンシナティ・ファイナンシャル 56
BAX バクスター
NGG ナショナルグリッド
IYR ETF
MO アルトリア 46
TAL TALインターナショナル
SHPG シャイアー 12
CAT キャタピラー 22
AXP アメリカンエクスプレス

ETFは別に考えるとして、6年以上の連続増配銘柄のみを保有している訳ではない。

これはポリシー違反ではなかろうか?

で、どうする?

連続増配という方針に反している個別銘柄はこちら↓

グラクソ・スミスクライン【GSK】

バクスター【BAX】

ナショナルグリッド【NGG】

TALインターナショナル【TAL】

アメリカンエクスプレス【AXP】

これらの処遇を再考する。

投資方針に違反する銘柄への対応方法は二つ

具体的には

・ポリシー違反銘柄を許容し、他銘柄と同格の扱いをする

・ポリシー違反は罰する。売却検討!

そんなところ。

折衷案があってもよいかな。

なんて、あいまいな事も許されるよね。

あなたは自身のポリシーに反している銘柄への対応はどうしていますか?

See you!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク