スポンサーリンク

将来不安や老後不安を感じる理由

将来が不安、老後が不安だと思っている人は多い。

日本の将来を懸念する雰囲気もなんとなく漂っている。

その漠然とした不安の理由を考察する。

スポンサーリンク

将来不安、老後不安の蔓延

日本経済って今後ヤバくない?

将来年金ってもらえるのかなぁ?

なんか老後が不安なんだよねぇ。(20代の若者なのに)

理由は明確にいえないが、なんとなくそんな言葉をよく聞く。

なにせ赤坂の高級キャバ嬢ですら、老後不安を感じている時代。

将来不安とはいまの若者世代には当たり前のこととして広まっているのだろう。

この1カ月、赤坂の高級キャバ嬢と話す機会が何度かあった。 その中で私がふと気になった事があり、それをきっかけにして4人連続で会話の中でそれとなく聞き取り調査を実施してみた。 気になった事というのは、将来への考え方について...

老後不安の原因

なんとなく不安なだけであり、その理由を明快に答えられる人は少ない。

あなたはどうですか?

私は不安を抱いているものの、その「不安」の正体は定義できない。

気になったので、本を探してみた。

そして、増補版 なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのかを読んだ。

とても分かりやすい。

  • 不安の正体にはこんな背景があって、
  • それが原因でこんな事がおきて、
  • だからなんとなく不安を感じていたのか!!

と、思わせてくれるおススメの本である。

将来不安の正体・理由を探る

増補版 なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのかではもやもやしていた気持ちを、実際の出来事と著者の仮説/解釈をベースに解説してくれる。

しかも小説のようであり、女子大生と大学教授との対話形式で物語が進むので分かりやすい。

ここで、不安の正体を説明する為に出てくる単語を並べてみる。

これじゃわけわからん。

しかしながら読み進めていくと、全てが繋がる。

こんな感じ↓

160712 なぜ今、症例が不安1

気付けば、一気に読み終えてしまった。

将来不安・老後不安の理由はこれだ

将来不安の正体

成長をベースとして、世の中の制度は作られている。

成長しないと辻褄が合わない。

ところがが、いまは成長しない世界。

そんな現状に逆らい、無理な成長を求めている。

これがあなたの漠然とした不安につながっている。

日本の現状

そしてついには、マネタイゼーションに向かおうとしている。

これは極めて危険なこと。

国家破綻を招く可能性もある事態。

この現実を真摯に受け止めて対応する必要がある。

日本人が試されている。

将来不安・老後不安の理由への対応策

老後不安の理由が分かった。

  • 世の中の制度:成長をベースとしている
  • 世の中の現状:成長はスロー

このギャップが不安を産み出している。

では対応策としてはどうしたらよいか?

世の中は自分ひとりでは変えられない。

まずは影響の輪を考えて、あなた自身が出来ることからはじめてみよう。

  • あなたが使う制度:頼らない方法を模索する
  • あなたの成長  :少し早めてみる

これがお金であるならば、

  • あなたが使う制度:年金には頼らない
  • あなたの成長  :資産運用を始めてみる

となる。

この機に、将来不安に対抗するために資産運用してみるのはいかがでしょうか?

See you!

関連記事

将来が不安なら貯金も必要だけど、資産を増やすためには運用が必要だよね、という話。

貯金と投資、どちらが資産形成・お金持ちに近道なのか? 株式投資と貯金の比較をしてみたい。結論をいえば、どっちという選択肢は無く、株式投資で決まりなのだ。 貯金好きな日本人は、欧米に比べて預貯金割合が高い 日本人の家計を見る...

資産運用にはアメリカ株が負けにくいですよ、という話。

アメリカ株には日本株にはないメリットがたくさんある。 その魅力を6つに分けて紹介する。 マネックス証券社長の松本氏の話を聞く機会があったのでそこからアメリカ株投資の魅力を抜粋しよう。 米国株投資の6つのメリット マネ...

資産運用がなぜ必要なのか?簡単な計算式で示している。

もちろん資産運用にはリスク(振れ幅)もあるので、資産がマイナスとなる可能性もあることは忘れずに。

資産形成したい、そのために資産運用・投資をする。 そのように思う人は多いでしょう。 かくいう私もその一人。 ところが資産運用のみでは資産形成は語れない。 なぜなら、資産形成 =(収入-支出)+ 資産 × 運用...
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク