スポンサーリンク

個人投資家には株式投資戦略よりもキャッシュフローが大切だ

投資をしていると追加元本が必要だと感じるときがある。その際に気づかさせるのがキャッシュフローの重要性である。とくにサラリーマン投資家は給与というフローに強みを持つ。

ところが株式投資について勉強をすると、投資戦略や方法が解説されている。投資方針書の作成方法などをみても、5W1Hについての言及が多い。

それでもやっぱり個人投資家には、株式投資戦略よりもキャッシュフローが大切だ。

参考サラリーマン投資家の強みと弱み

スポンサーリンク

投資方針の作成には5W1Hのフレームワークが便利

What(何を)

投信にする?

EFTにする

個別銘柄にする? ならばどの銘柄? などなど

When(いつ)

積立投資で、ドルコスト平均法?

株価下落時に購入する、逆張り?

それとも、上昇時の順張り投資?

Who(誰と)

どの証券会社を通す?

誰かにきく? 対面窓口で買う? スワップ口座?

自分で決めちゃう? ネット証券?

Where(どこ)

先進国対象?

途上国をターゲット?

日本株だけ?

米国株? それとも中国株?

Why(なぜ)

差益狙い・キャピタルゲインで、何か欲しいものを買うの?

配当金や分配金のインカムゲイン狙いで、副業代わり?

億り人達成で、アーリーリタイア狙い?

How(どうやって)

バイアンドホールド?

デイトレード?

スイング?

どの投資方針でも完璧な回答は無い。自分にあった方法を見つけ、それを実施すれば良い。

ここでふとある言葉を思い出す。

「素人は戦略を語り、プロは兵站を語る」

株式投資において兵站とはキャッシュフローをさす。先立つものがなければ投資がで気ない。株を買えない。

参考投資方針書を見直す方法は参考になるから確認しておいた方がよい

サラリーマン投資家はキャッシュフローを大切にしよう

サラリーマンの定期的な給与は兵站が確保されている状況である。毎月の家計を黒字にしてプラスのキャッシュフローになれば、サラリーマンのメリットが活用できる。

株式投資で個人投資家が勝つために強みをいかそう。

だからこそキャッシュフローという強みを作った方が良い。

資産形成 =(収入-支出)+ 資産 × 運用利回り

この式を思い出せば、(収入ー支出)の部分がサラリーマンにとってのキャッシュフローとなる。

  • 収入の複線化、副業、ブログ収入
  • 支出の抑制、節約

もちろん資産運用をしていらば、配当金や分配金からのキャッシュフローも忘れてはならない。

いずれにせよ個人投資家は月々のキャッシュフローを大切に投資を続けよう。

安定した地盤があれば、どんな局面でも株式市場にいられるだろうから。

See you!

参考30代がお金の知識で必要な3つのことを、アラフォーの私が解説

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク