スポンサーリンク

注目の外国株3銘柄、イギリスのEU離脱のゴタゴタに乗じ指値注文

イギリスの国民投票が、2016年6月23日(日本時間の6月24日朝)に実施される。

EUに残るか? 離脱するか?株価は乱高下するだろう。

日本在住の一個人投資家としてはこの際に逆張りをしたい。

そこで私は3つの銘柄に指値注文をいれた。アメリカ株だけに限らず欧州株も含めている。なぜならイギリスのEU離脱問題だからだよ。

せっかくなので欧州株、とくに高配当銘柄に注目している。

スポンサーリンク

どの銘柄に注目するか?

1.ボーダフォン

ボーダフォン・グループは英国の多国籍携帯電話事業会社。

VOD
株価 31.17
PER 10.1
EPS
配当 5.3%
配当性向 52.0%
増配年 21年
増配率(5年) 5.9%
増配率(10年) 10.0%
β 0.83

直近5年の平均配当利回り:6%

それよりは高い利回りで購入したい。

とりあえず25ドルで指値しておいた。

配当利回り 6.64% 也。

アメリカ株でいえば、AT&TやVZベライゾンが通信セクターの高配当株として有名だ。しかしここはあえて欧州高配当のボーダフォンに注目してみた。

2.ナショナルグリッド

ナショナル・グリッドは、英国の公共事業持株会社。

NGG
株価 70.73
PER 14.44
EPS 4.9
配当 4.5%
配当性向 80.5%
増配年 24年
増配率(5年) 4.5%
増配率(10年) 6.9%
β 0.36

直近5年の平均配当利回り:5.55%

とりあえず、60ドルで指値注文しておいた。公益セクター所属の安定感と、高配当につられたのが理由だ。

実は連続増配年数も24年と長い。ポンド建てでの増配記録ではあるが、配当金を増やし続けている姿勢は注目に値する。ぜひとも手に入れたい銘柄である。

3.ウェルズファーゴ

ウェルズ・ファーゴは米国の大手銀行持株会社。

バフェット銘柄。

WFC
株価 48.35
PER 11.88
EPS 4.07
配当 3.1%
配当性向 37.0%
増配年 5
増配率(5年) 33.5%
増配率(10年) 3.8%
β 0.92

米国内のみでビジネスをしているウェルズファーゴである。米国外での出来事による株価下落は”買い”という、ジム・クレイマーの“ローリスク”株式必勝講座からの教えを思い出した。

イギリスのEU離脱問題でWFC株価が下がる場合には買い向かってよいというのがジム・クレイマーの教えだろう。

早速実践してみた。

あとは吉と出るか凶とでるか、乞うご期待。

See you!

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする