連続増配中で、バフェットが購入した 4銘柄

バフェット率いるバークシャーが16年1Qに売買した銘柄が発表されている。

今回、バフェット先生が買い増しした銘柄から連続増配銘柄をピックアップしてみた。

 

注意:本記事投稿は2016年5月です。その後にバークシャーハサウェイはIBM株を売却したことが分かっています。

>>>バフェットのポートフォリオ 保有銘柄一覧【2017年12月】

 

参考バフェットのバークシャー・ハサウェイ 銘柄分析とリスク

 

スポンサーリンク

バフェットが購入 かつ 連続増配銘柄

順位はもちろん、連続増配年数順。

 

第4位:【BK】バンクオブニューヨーク

 2016年5月BK
株価40.07
PER14.77
EPS2.78
配当1.7%
配当性向25.0%
増配年5
増配率(5年)13.6%
増配率(10年)-2.4%
β1.49

 

この5年の増配率が、13.6%/年と魅力的である。

さらに、配当性向が低く増配余地は残されている。

だが、現在の配当利回りが1.7%と物足りない。

 

米国の銀行株を購入するとなると、私の場合には【WFC】ウェルズ・ファーゴに資金を振り向けたい。

 

直近10か月の株価推移はこちら。

finviz dynamic chart for  BK

 

第3位:【V】ビザ

 16年5月V
株価77.65
PER30.2
EPS2.57
配当0.7%
配当性向21.5%
増配年8
増配率(5年)30.7%
増配率(10年)
β0.82

 

直近5年の増配率がハンパない。

30.7%/年。

こんな感じ↓

160522 v

ビザの増配率

 

8年で配当金が8.5倍!!

毎年30.7%の増配をすると、現在の配当利回りが0.7%なので以下の通りの計算となる。

1年目0.9%
2年目1.2%
3年目1.6%
4年目2.0%
5年目2.7%
6年目3.5%
7年目4.6%
8年目6.0%

 

【V】 VISAについてこのように予想できるなら、長期保有での購入を検討しても良いかも。

 

私は? というと、

購入しない。

 

理由は、現在の配当利回りが0.7%と低すぎるから。

 

いまの株価はこちら。

finviz dynamic chart for  V

 

第2位:【DE】ディア・アンド・カンパニー

 16年5月DE
株価77.72
PER14.27
EPS5.54
配当3.1%
配当性向44.0%
増配年12年
増配率(5年)15.7%
増配率(10年)14.8%
β1.05

 

どの指標をみても、けっこう良さそう。

監視銘柄に入れるかどうか検討しようかな。

 

DEのいまの株価はこうなっている。

finviz dynamic chart for  DE

 

第1位:【IBM】 アイビーエム

 16年5月IBM
株価147.24
PER11.09
EPS13.28
配当3.8%
配当性向38.2%
増配年20年
増配率(5年)14.9%
増配率(10年)20.4%
β0.7

 

業績がこの数年ずーっと下降中。

なのでみんながそっぽを向く。

その結果が、これだけ魅力的なValuation.

 

ここで【IBM】を購入するかどうかはあなた次第。

バフェットは買い増ししている。

私も買い増ししたい。

 

自分のポートフォリオにおいて、【IBM】は2番目の大きな割合。

とりあえず140ドルで指値注文しておいた。

 

いまのIBM株価はこのようになっている。

finviz dynamic chart for  IBM

 

ちなみにバフェットはIBM株を2017年になって売却しているので要注意。(17年8月追記)

バフェットのIBM売却から学ぶ長期投資術
ウォーレン・バフェット【IBM】売却との報から、3つの学びを得た。 時間は有限であると認識し続ける意志の強さ 上手くいかなかった案件は「無かったこと」として言い聞かせる自己制御の力 自ら定めていたプランに則り活動できる...

 

 

コメント