【お持ちになる3つの方法】事業を行うには6つの心構えがあった

スポンサーリンク

お金持ちになる方法は3つに集約される

お金持ちになる方法

お金持ちになる方法

 

お金持ちになりたいと思ったら、その方法は3つに限られます。

 

お金持ちになる3つの方法

  1. 働いて高額の給料をもらう
  2. 事業を行う
  3. 投資をする

 

 

の公式からも明らかです。

 

あなたは、お金持ちになりたいですか?

 

そう聞かれれば、100人中100人が”YES”と答えるでしょう。

ならばお金持ちになる方法を知っておきましょう。

 

本記事では、お金持ちになる3つの方法のうち、「事業を行う」にフォーカスします。

具体的には、良書「これからのお金持ちの教科書」を参考に、お金持ちになるために事業を行う6つのコツを紹介します。

 

スポンサーリンク

お持ちになる方法;事業を行うための6つのコツ

お金持ちになる方法のひとつである「事業」

その事業を行うためには、6つの方法が存在します。

事業を始めるための6つの方法

  1. 儲かるかどうかはあえて考えない
  2. 自分を知ってもらう技術
  3. 仕事とプライベートを分けない
  4. 講師業は誰にでもできる
  5. 情報は常に相手の目線で
  6. マルチインカムで収入を増やす

 

これからのお金持ちの教科書よりから引用した、お金持ちになる方法です。

いずれもお金を増やすことに繋がります。

 

ただしこういった知識というのは学んだだけでは意味がありません。

お金の勉強と共に、実行がものを言います。

つまり実際に事業をやってみることこそ地となり肉となり、最終的にはお金持ちになるわけです。

 

したがってこれら事業を始める方法を具体的にどうやって実行するのかが鍵。

ということで、つづいてはお金持ちになる方法の実践編を一緒に考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

事業を始めるための6つの方法

①儲かるかどうかはあえて考えない

まずやってみる。

 

これが新時代のキーワード。

お金持ちになるためには、何事もまずはチャレンジしてみることが大切です。

なぜなら新しい資本の時代には、どんなことでもビジネスになる可能性があるのですから。

 

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ

と、日本海軍連合艦隊司令長官は言いました。

 

古今東西、まずは実行してみせる事が重要です。

 

たとえば「プチ・ビジネス」

それほど大きな利益にならなくても、初期投資が少なくて済む分、採算が合うビジネスです。

具体的にいえばブログが該当します。

 

ブログというのは自分が好きな事を書き、人の役に立てばビジネスとして成り立ちます。

多くの記事が読まれれば、ブログ収入を得られることもできます。

立派な事業といえるでしょう。

 

サラリーマンにだって、ブログを書くことはできます。

とはいえ一気にお金持ちになることは難しいかもしれません。

ただし、収入が増えることにはつながります。

 

ここで大切なのはこうした情報を見た後に、実際にやってみるかどうか、ということですね。

②自分を知ってもらう技術

新しい資本の時代において重要なのは、自分を知ってもらう「技術」を身につける事。

 

お金持ちとは、他人の役に立つことを行うからこそお金持ちとして存在しています。

自分を知ってもらい、他人のためになる事業を行えば、お金持ちに近づきます。

そのためには、まず自分自身を理解し把握することが重要です。

 

とはいえ自分自身のことを理解するのは意外と難しい。

そんなときには「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」を読み、自己診断テストを受ければOK。

 

まずは相手に自分を知ってもらう前に、自分自身を知りましょう。

そして自分をどういった他人に知ってもらうかを考えましょう。

それが、お金持ちになる第一歩となります。

 

③仕事とプライベートを分けない

落合陽一氏は、ワークアズライフを提唱しています。

ワークライフバランスというのは時代遅れなのかもしれません。

もはや仕事とプライベートの垣根はない時代に突入しています。

 

例えば、シリコンバレーのIT企業の中には職場に自分の自転車や遊び道具を持ち込んでも良い、 というところが多い。

 

ビジネスの環境は大きく変わろうとしています。

仕事がパーソナルになり、成功者でなくても、仕事を自分のペースで進める事が出来るならば、あえて仕事とプライベートを切り分ける必要はありません。

 

お金持ちになりたかったり、そのために事業を行いたかったりしたら、まずはプライベートと仕事は分けずに実行していきましょう。

④講師業は誰にでもできる

人がほしいと思う情報をもっていれば、先生になることは意外と簡単です。

 

例えば、地下鉄で混雑を避け、最も早く地上に出るには列車のどこに乗り、ホームのどの位置で降りればよいか?

こんな何気ない事でも、追求していけば十分にビジネスになっています。

 

人にはないちょっとした知恵を持っていれば、十分にコンサルタントや講師になる資格があるわけです。

たとえば私も、本ブログがきっかけでセミナー講師や、雑誌取材を受けた経験があります。

 

いまの時代、インターネットで情報はいくらでも手に入ります。

  • 数多くの情報をわかりやすく伝える
  • リアルな体験や感想を伝える

事業を行うことは別に大きなことではなく、実は身近なことを他人に伝えることでも十分にビジネスになりうるわけですね。

 

⑤情報は常に相手の目線で

自分にとって必要なこと、他人にとって大切なこと。

ビジネスでも日常生活でも、相手の目線に立って行動することは大切です。

 

とくにお金持ちになりたいと思ったら、多くの人に役立つ情報をわかりやすく伝える技術が求められます。

お金持ちになりたかったり、事業を行う際には、相手目線・顧客目線を忘れずにおきましょう。

 

⑥マルチインカムで収入を増やす

これからの時代、収入源の複線化は必須といっていいです。

とくにサラリーマンであれば、副業はお金持ちになるマストアイテム。

副収入を多様化できれば、心に余裕ができ、それが安心感につながります。

 

経済的自由と精神的自由の両方を同時に手にすることが可能となるわけです。

事業は、サラリーマンを続けながらも実施できます。

 

スポンサーリンク

まとめ:お持ちになる6つの方法、「これからのお金持ちの教科書」からの学び

これからのお金持ちの教科書を再読し、実践可能な方法を抽出しました。

その結果、お金持ちになるための6つの方法が見つかったのです。

 

いずれの方法も、実行を伴わなければお金持ちになることはできません。

 

気になる点があれば即取り入れ、深堀したい内容は更に調べ上げ、人生をより豊かにしていくことが大切です。

 

最後に思い出しましょう。

お金持ちになることは、人生を豊かにする方法のひとつにすぎないということを。

 

あなたはお金持ちになりたいですか?

 

関連記事の紹介

お金持ちを指す富裕層の定義は、金融資産1億円を持っていること

お金持ち、超富裕層は10億円の金融資産を持っている
お金持ちには誰しもが憧れます。 それでは超富裕層はいったいどの程度の金融資産を持っているのでしょうか? 1億円なのか? 10億円なのか? それとも100億円なのか? 答えは10億円 お金持ちと言われる...

 

お金持ちは、資産運用計画やお金の勉強に少しだけ時間を多く割いています

お金の勉強時間;蓄財優等生は月に8時間を費やす
お金持ちは平均月8時間、資産運用の勉強をしています。 お金持ちではない人に比べ、お金持ちは1.8倍もお金の勉強に時間を割いているのです。 これはお金についての勉強時間だけをさしています。 鶏と卵ではないですが、お金...

 

事業を行うための受け皿として、合同会社を設立しました

妻を社長にして資産運用をする方法と3つのメリット~実体験を紹介~
妻を合同会社の代表社員にした資産運用会社を設立しています。 いわゆる妻を社長にしたプライベートカンパニーです。 主な事業は太陽光発電投資。 そんな実体験をもとに、本記事では 妻を社長にするメリット ...

コメント