スポンサーリンク

日本たばこ JTと、アルトリア MOの比較、配当金投資ではどちらががベターか?

【JT】 日本たばこから100株分、5100円の配当金を獲得した。(税引き後)

これを機会にタバコ銘柄の比較をしてみる。

JTとMOのどちらが配当金投資に優れているのかを考えてみたい。

スポンサーリンク

日本たばこの現状(アニュアルレポート)

EPSの状況

168.44 → 180.98 → 235.35→  199.56→  270.37 円

多少のデコボコは見られるが、基本的には右肩上がりに見える。

事業別の売上収益構成比率

160327 jt

”日本”たばこ という会社の名前ではあるが、国内たばこは収益の3割程度。

多くを海外たばこで稼いでいる。

ロシアが中心。

JTの配当金推移

160327 jt2

2011年の50円から、2016年は128円と、2.5倍以上になっている。

年率換算では、約20.7%/年 の増配率。

タバコ銘柄の英雄、アルトリアグループ【MO】とJTを比較してみたい。

日本たばことアルトリア【MO】の比較

日本たばこ MO
株価 4628 60.88
PER 23.2 22.83
EPS 199.5 2.67
配当 128 (2.77%) 2.26 (3.7%)
配当性向 64% 84.60%
増配年 5年 46年
増配率(5年) 20.70% 8.40%
増配率(10年) 11.60%
β 0.74

PERは同程度。

最近、【MO】の株価推移は順調に右肩上がりであるが、それは日本たばこも同様である。

JTの方が、直近5年の増配率が大きい。

だが、【MO】の方は40年を超える連続増配記録を持つ。

おまけに現在の配当利回りはまだまだアルトリア【MO】の方が優れている。

今後の両社のEPS成長は、1ケタ%が予想される。

ならば過去の成績を鑑み、【MO】をベターとして考えたい。

ちなみに

私はアルトリアグループ【MO】はわずか20株の保有。

【MO】は、ジェレミー・シーゲル著 株式投資の未来 において、1957年~2003年での運用成績 No.1銘柄。

押し目買いを検討したいものである。

そうはいっても私自身はタバコのニオイが好きではない。

買い増しする際には、消臭剤と共に購入しよう。

関連記事の紹介

アルトリアグループの株価・配当金・業績のまとめ

MO,アルトリアグループとはアメリカのたばこ企業である。 たばこ業界世界ランキングでは6位。米国たばこ業界では第1位。 2008年にフィリップスPMをスピンオフ・分社化した。結果アメリカに特化したタバコ企業となった。 ...

タバコ銘柄は優良株である。個人投資家は、タバコ関連企業のマーケットシェアランキングを知っておきたい。

たばこ業界での売上高世界ランキング・マーケットシェアを調べてみた。 タバコというのは常習性がある。 継続せざるを得ない状況であるから、売る側は儲かる。 その依存性は販売側には甘い蜜、各国で専売制がとられている。 ...

タバコの値段はほとんどが税金で占められている。タバコ税は世界中の国々において重要な税収入となっている。タバコ税の金額と税率は予想以上に高いですよ、というおはなし。

タバコ銘柄は生活必需品セクターに属しており、過去リターンが優れているとの評判が良い高配当株だ。フィリップモリスやアルトリア・グループ、日本企業のJTに代表されるように、ブルーチップばかりが並ぶ。 タバコであるが、実はその価格の...
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

コメント

  1. O.A より:

    >そうはいっても私自身はタバコのニオイが好きではない。
    買い増しする際には、消臭剤と共に購入しよう。

    笑ってしまいましたw
    私もタバコ嫌いで吸った事も有りません。
    でも、タバコ株は大好きですw
    MOもJTもがっちりホールド中です。

    • はちどうきゅうどう より:

      O.Aさん
      コメントありがとうございます。
      タバコ銘柄を更に購入したいのですが、臭いだけではなく、株価が上がっており躊躇してしまいます(汗)