ダウ銘柄を配当利回り順にソートしてみた~これがダウの犬~

本ブログの投稿数は200を超えている。

自分自身で、過去記事を参考にする事もままある。

 

ダウ銘柄ってあの時はどうだったんだろう?

そんな事を考える時もある。

それに備えて、2月28日末時点のダウ銘柄の状況を残しておく事にした。

 

スポンサーリンク

ダウ銘柄の今 16年2月28日

社名銘柄株価P/EYield %
シェブロンCVX84.3434.495.07
キャタピラーCAT66.8719.414.61
ベライゾンVZ51.0111.684.43
ファイザーPFE30.2224.423.97
シスコシステムズCSCO26.4113.083.94
アイビーエムIBM1329.693.94
ボーイングBA118.1615.873.69
メルクMRK50.6432.373.63
エクソンモービルXOM81.7221.243.57
インテルINTC29.812.763.49
P&GPG81.0726.793.27
コカコーラKO43.1425.863.25
ゼネラル・エレクトリックGE29.39213.373.13
JPモルガン・チェースJPM57.549.593.06
マクドナルドMCD117.0324.343.04
ウォルマートWMT66.4914.573.01
ジョンソンエンドジョンソンJNJ105.7819.312.84
スリーエムMMM158.2720.872.81
マイクロソフトMSFT51.336.532.81
ユナイテッド・テクノロジーズUTX97.6621.772.62
デュポンDD61.5129.482.47
トラベラーズTRV108.59.972.25
ホームデポHD126.3323.112.18
アップルAAPL96.9110.292.15
アメリカンエクスプレスAXP55.36112.1
ゴールドマン・サックスGS150.0912.411.73
ユナイテッド・ヘルスUNH121.2620.181.65
ディズニーDIS95.2917.791.49
ナイキNKE62.630.411.02
ビザV72.7427.880.77

 

スポンサーリンク

ダウの犬銘柄

1.シェブロン

PER:34.49

配当:5.07%

配当性向:93%

連続増配:28年

 

【CVX】は2015年は増配アナウンスはしていない。2014年途中で増配した分を2015年も継続しているだけ。

それで2014年よりも2015年の方が支払い配当が多いので、かろうじて増配年記録を維持している。

原油価格低迷により、EPSは下がっているし、配当性向は93%と増配余地は少ない。

2016年に増配できるか? 懸念される。

 

2.キャタピラー

PER:19.4

配当:4.6%

配当性向:63%

連続増配:22年

 

ジムクレーマーの本に、【CAT】の決算が世界経済とくに中国経済を先行しているので要チェック。 そんな記載があった。

キャタピラーの決算は右肩下がり。

中国経済は懸念されているように芳しくないのだろう。

【CAT】の利益もダダ下がりだが、連続増配記録を継続できるか、ここが正念場。

私は、高βの【CAT】はあまり好みではないために、買い増しはしない。

 

スポンサーリンク

3.ベライゾン

PER:11.7

配当:4.4%

配当性向:52%

連続増配:11年

 

【T】とならぶ、米国通信の巨人。

連続増配年以外は文句なしの指標。

Yahoo買収をどうするのか?という疑問点はあるものの、買い増ししてもよさそう。

ただ、2016年になってから株価急騰中なので買い増しタイミングは要検討。

 

スポンサーリンク

4.ファイザー

PER:24.4

配当:3.9%

配当性向:89%

連続増配:6年

 

製薬業界のTop。

かつてはリピトール開発をしていた会社をまるごと買収する、最近では税金対策で本社をアイルランドに移転するなど、医薬品開発だけではなく経営上手な印象がある。

連続増配記録ははリーマンショック時に途切れているが、ディフェンシブ銘柄という事で購入してもよいかも。

配当成長投資に適するのはどっち?製薬大手ファイザーvsメルク 
製薬会社というと、不景気にもつよい、安定している そんなイメージ。ディフェンシブセクターなのだ。そしてヘルスケアセクター企業の売上ランキングは欧米企業が上位にランクインする。 今回は米国製薬大手の上位2社(ダウ構成銘柄)ファイ...

 

スポンサーリンク

5.シスコシステムズ

PER:13.9

配当:3.9%

配当性向:45%

連続増配:5年

 

ダウの犬 過去15年のリターンと銘柄は? 米国株の高配当戦略
株式投資が旺盛で研究も進んでいるアメリカにおいては、様々な投資方法が検証されている。 そのひとつが、「ダウの犬」。 ダウの犬とは? ①ダウ構成30銘柄を配当利回りの高い順に並べる ②配当利回りが高い10銘柄をピックア...

 

スポンサーリンク

私見

配当利回り3%を超える銘柄数が16、ダウ構成30銘柄の半数を超える。

配当利回りとしては高水準、逆説的に言うと株価は低迷している。

だが、PERをみると割安銘柄は少ない。

 

今後は、配当性向が60%を切っているような銘柄、つまり増配余地が大きく残されている銘柄を選ぶ必要があると思う。

 

銘柄選びは安定志向、購入はこつこつと、

そんな感じで、今後も米国株の連続増配銘柄へと投資していく。

Dividend Growth Investment ?配当成長投資!

コメント

  1. ましたろす より:

    はじめまして。
    いつもブログを参考にさせていただいております。

    ダウ構成銘柄の配当利回りは、以前どちらかで拝見したダウの犬のサイトで確認しておりますが。

    ダウ構成銘柄のその日のPERをすぐに確認できるサイトを知っていらっしゃいましたら、ブログで紹介いただけるとありがたいです。

    よろしくお願いします。

    • はちどうきゅうどう より:

      ましたろすさん、
      こんにちは。
      P/Eはグーグルスプレッドシートで見ています。
      サイトについて探してみます。

      • ましたろす より:

        返信ありがとうございます。
        グーグルスプレッドシートをお使いなのですね。使いこなせるか分かりませんが、私もやってみたいと思います。