スポンサーリンク

AT&Tから配当金を獲得したので、株価を確認した

【T】AT&Tから、180株分 62.0ドルの配当金を獲得した。

2016年初頭からの困難な株式市場においても、鉄壁のディフェンシブっぷりを発揮している。

評価損が膨らんでいる中で、通信大手銘柄は心のオアシス。

更にAT&Tは高配当利回りであり、心に安らぎを与えてくれる。

さっそく現在の指標を見てみる。

スポンサーリンク

指標

 16年2月10日 T
セクター 通信
株価 36.43
PER 15.37
EPS 2.37
配当 1.92 (5.27%)
配当性向 81%
増配年 32年
増配率(5年) 2.30%
増配率(10年) 3.80%
β 0.3

素晴らしい内容。

配当成長投資ポートフォリオの中核を担うようにしていきたい。

  • 強固なキャッシュフローを有する上に、5%を超える配当利回り
  • 2015年キャッシュフローは$15.9Bで、配当支払いは$10.2B
  • 32年連続増配を継続中の配当貴族銘柄
  • 2015年4Qの決算は良好

2015年第4 四半期決算

今回は480億ドルをかけた衛星テレビ「ディレクTV」の買収完了後、2回目のAT&T決算。

  • 総営業収入:前年比22.3%増
  • 総営業収入:421億2000万ドル
  • 純利益  :40億1000万ドル(1株当たり0.65ドル)

AT&Tは、2016年の設備投資が220億ドル程度になると予想している。

連結売上高は2桁の伸びとなり、調整後利益は1桁台半ばの伸びとなるとの見通しを示した。

160211 T

AT&Tホームページより引用

AT&Tの株価指標を半年前との比較

本ブログ、アメリカ株でアーリーリタイアを目指すを初めて8か月経過している。

【T】について、半年前の状況と比較をしておきたい。

  2016年2月 2015年8月
セクター 通信 通信
株価 36.43 34.02
PER 15.37 33.62
EPS 2.37 1.01
配当 1.92 (5.27%) 1.88(5.4%)
配当性向 81% 188.0%
増配年 32年 31年
増配率

(10年)

3.80% 3.90%

半年前の【T】は、PERが30を超えており、割高感が垣間見えていた。

更には配当性向100%超えのタコ配状態と、ディフェンシブ感が薄れていた。

だがそこから見事な復活。

ディレクTV買収は成功といってよい。

おわりに

AT&T株価10年推移

160211 T2

米通信大手 AT&Tはやはり鉄壁のディフェンシブ株である。

連続増配は32年と、配当成長投資には必須。

株価10年推移をみても、40ドルちょい~25ドル前後の幅。

株価調整局面でも安心して保有していられる銘柄だ。

こういった会社があることが、米国株投資の魅力。

引き続き、米国株の連続増配銘柄へ投資継続していく。

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする