スポンサーリンク

働かないって、ワクワクしない?

働かないって、ワクワクしない? を読んだ。

ブログ徘徊している際に見つけた著書。

購入して読み終わった。

働いたことがある人、働く予定がある人に一度は手に取ってほしい本である。

”働く”という概念が少し変わるでしょう。

気になったワードを抜粋して備忘録代わりにしておく。

スポンサーリンク

働かないって、ワクワクしない?

あなたも、のんきで気楽な生活ができる

米国商務省の貯砂では、自由時間の過ごし方に「大変満足」している人は58%しかいない。

もっと楽しい時間にする為には、何らかの助けが必要だ。

人は死の間際になってはじめて、本気で生きてこなかったことに気づく

ものの見方が生き方を変える

自分のアイデアや誰かの提案を評価するときは、判断を下す前にあらゆるプラスマイナスを考察しなければならない。

ある人はものごとをありのままにみて「なぜ?」と問う。

私は物事をありえない状態でみて、「なぜそうではないんだ?」と問う。

仕事人間は奴隷と同じ

自由時間の質を高めたいなら、まず、働く事に対するあたな自身の認識を検証してみること。

勤労は多くの人々が思うほど、個人の幸福には貢献していない。

少なく働き、よりよく生きる

あまり働かない事は健康にいい

人生の輪のバランスを取る

160121 人生の輪

休暇をのんびり過ごすことは、引退生活の準備の為にも良い方法である

受け身の活動だけでは何も得られない

行動は雄弁だ

行動することで満足せよ

今この瞬間に生きよ

今に存在するということは現在を目いっぱい楽しむということだ。

自由時間の活動で重要なのは、ある活動を選んだら、それをやめるまではその活動に集中すること

充実した人生をおくるためには、努力して何かを達成する必要がある。

何か重要なことを達成するためには活動を始め、それを続けなければならない。

自ら行動する人たちは、目的もなく漂流し、行き当たりばったりに生きる事では満足しない。

ゴールを定め、それに到達するために行動をおこすのだ。

一旦ゴールを決まれば、ゴールに到達することより、ゴールに向かって努力する事が重要になる。

働かないって、ワクワクしない?への私見

アーリーリタイアという目標を定めている私には共感できる部分が多い。

その目標達成はあと2027年を想定している。

今回この本を読んで思った事は、「今を大事に」という事。

2027年の目標達成は重要だが、今この瞬間を大事にしたい。

人生とは一度きりであり、主人公は自分自身なのだから。

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする