スポンサーリンク

エクソン・モービルから配当金が届いたので、評価損について考えてみた

エネルギーセクター株から配当金を受け取った。

  • 【CVX】シェブロンから20株分 19.2ドル
  • 【XOM】エクソンモービルから25株分 18.34ドル

両社ともにオイルメジャー株であり、高配当株として人気がある。。

しかしながら昨今の原油価格低迷により、エネルギーセクターの株価は急降下している。

それは配当貴族銘柄であるエクソン・モービルやシェブロン株価も同じなのだ。

私の場合は

  • 【XOM】-19%
  • 【CVX】-31%

評価損を抱えている。

それでも私は配当金をKPIにしているので、気にしない。(やせ我慢を含む)

と言いつつも、やはり評価損は気になる。

そこで原油価格やオイルメジャー株の株価がそれぞれ2014年7月1日から2015年9月にかけてどのように変動しているかをまとめてみた。

スポンサーリンク

石油株は評価損を抱えている

  • 原油価格     95.47ドル → 45.33ドル :-52.5%
  • 天然ガス     4.12ドル  → 2.60ドル  :-36.9%
  • シェブロン    130.54ドル → 76.89ドル :-41.1%
  • エクソンモービル 101.36ドル → 72.73ドル :-28.2%
  • BP        53.00ドル → 30.16ドル :-43.1%
  • ロイヤルダッチシェル82.79ドル→ 46.98ドル :-43.3%
  • トタル       72.77ドル→ 44.19ドル :-39.3%

どの銘柄も優良企業である。

それが原油価格低迷とともに、オイルメジャーの株価もまっさかさまだ。

逆に考えてみると、原油価格が上昇すれば株価もそれに伴って上がるはずだ。

原油価格がいつまで低迷しているのかは全くわからない。

その株価下落の間を高配当を楽しみに耐え忍ぶ事が出来れば、オイルメジャー株保有がよい選択となってくる。

評価損で売り逃げしたくなる気持ちを抑え、継続保有する。

そして配当金を受け取り続ける。

受け取った配当金はしっかりと再投資をする。

これが評価損を抱えている石油株への対応方法としてよさそうだ。

なにしろエクソン・モービルもシェブロンも超優良銘柄なのだから。

そうはいっても、オイルメジャー株だけが低迷しているわけではない。

他に購入したいアメリカ株がなくなってきた場合には、【XOM】でも検討する事にしたい。

いつもありがとうございます。

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク