スポンサーリンク

ジョンソン・エンド・ジョンソンの配当金獲得をし、JNJの現状分析してみた

【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソンより60 share分、32.29ドルの配当金を獲得した。

アメリカ株投資をしている人だけではなく、おおくの個人からの知名度が高いジョンソン・エンド・ジョンソン。投資対象としては非常に優れたアメリカ株であるのだ。

JNJから配当金を受け取ったついでに、現状分析だけしておく。いまの状況を知ることが今後の投資活動にもつながるからね。

さっそくジョンソン・エンド・ジョンソンのとホームページからスライドを拝借してきた。

スポンサーリンク

JNJの現状分析

図1

ジョンソン・エンド・ジョンソンの現状

ジョンソンエンドジョンソンは、

  • 31年連続EPS上昇中
  • 53年連続増配中
  • 売上の70%は、No.1もしくはNo.2マーケットシェアのポジションから成り立つ
  • 売上の25%は、この5年に上市した比較的新しい製品からのものである
  • 直近10年のフリーキャッシュフローの70%を株主還元している

そして

S&Pの格付けがAAA

まさにエクセレントカンパニーだ。

これだけ優れたアメリカ企業の売上をセグメント別でみるとどうなるのだろうか?

セグメント別売上

図2

ジョンソン・エンド・ジョンソンのセグメント別売上割合

JNJは3つのセグメントから成り立っており

  • 製薬
  • 医療機器
  • コンシューマー

とバランスよく売上を獲得している。

ひところでジョンソン・エンド・ジョンソンと言っても、じつはヘルスケアコングロマリットであり、リスク分散がなされていると気づかされる。

まさにヘルスケア業界の巨人だ。

そんなジョンソン・エンド・ジョンソンは50年以上連続して増配を成し遂げている配当王なのである。JNJの配当金状況を確認してみよう。

配当金支払い状況

上述のとおり、JNJは53年連続増配中のDividend King である。

図3

JNJは50年以上連続増配の配当王銘柄

この増配っぷりは配当金生活を目指している投資家以外にも非常に魅力的に映るだろう。

今年の4月にも7.14%の増配をアナウンスしている。

直近10年間の増配は年率9.7%である。

最後に今の指標を見てみようと思う。

参考配当王リスト、50年連続増配銘柄【2017年版】

指標

■株価   99.24

■PER   17.76

■EPS    5.59

■配当    3.00

■利回り   3.0%

■配当性向 53.7%

ジョンソン・エンド・ジョンソンは配当性向がそれほど高くない。つまり増配の余地はまだまだありそうだ。

PERからみるとそれほど割安という事ではない。しかしながら現在の米国市場全体からみると過熱感は少ない銘柄であろう。

これだけの規模、安定感、株主還元の姿勢は日本企業ではなかなか見られない。

と、いうわけで、今後も米国連続増配銘柄に投資し、2027年のアーリーリタイヤに向けて歩んでいきたい。

参考ジョンソン・エンド・ジョンソン株価は注目 お薦めアメリカ株である3つの理由

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

コメント

  1. いちろ より:

    お疲れ様です。私もサザンから配当金が入ってきました。JNJも持ってますが
    まだ入金されていないようです。楽天証券は遅いのかな・・・

    米国株が上がらないうちに高配当銘柄どんどん買っていきたいですね^^

    • 8do9do より:

      おはようございます。 
      JNJはマネックスで持っています。 証券会社によって少し入金のタイミングが異なるのかもしれませんね。
      私もPFFは、マネックスと楽天で持っていますが、入金のタイミングは若干違うという経験をいつもいしています。

      米国株コレクション、どんどん増やしていきたいです(^v^)