私の米国株配当成長ポートフォリオ【17年5月】

スポンサーリンク

3つの証券口座

私は証券口座を3つ保有している。主な使い分けは以下の通り。

今回インデックス投信積立部分と、NISA口座は除外して検討する。

  1. マネックス証券 :米国株配当成長ポートフォリオ
  2. SBI証券     :インデックス積立
  3. 楽天証券    :NISA口座

2015年から赤字部分、米国株に重きを置いて投資継続をしている。

そしてその運用方針は若干の修正を加えた。

施行は17年7月1日を予定しており、いまはその最終準備段階といったところだ。

参考?アメリカ株による私の資産運用方針 【2017年版】

私の米国株配当成長ポートフォリオ【17年5月】

実は5月の売買は大失敗であった。

マクドナルドやウォルマートとかマイクロソフトは売却後にも株価がぐんぐん伸びている。

ちょっと後悔。

まぁ、長い目で見れば大したことはないということで。

配当金をせっせと積み増ししていこう。

参考?アメリカ株の売買記録 【17年5月】

目標とのGap

現金比率を25%とすることを目標としていた。

まだ少しCash比率が高いので、今後少しずつ補正していく。

尚、米国個別株はそれぞれ戦略軸に当てはめてカテゴライズしている。

戦略①:ワールド・インデックス(米国)

戦略②:セクター戦略(ヘルスケア、生活必需品)

戦略③:バリュー戦略(シーゲル銘柄、バークシャー・ハザウェイ)

戦略?:高配当戦略 (配当利回り上位)

戦略⑤:グローバル戦略(多国籍企業への分散投資)

そして各戦略軸のアロケーション目標はイーブンに20%ずつに設定した。

それらを集計すると以下の通り。

戦略軸 評価額 目標 Gap
Index 25,386 14.2% 20.0% -5.8%
Sector 41,388 23.2% 20.0% 3.2%
Value 38,357 21.5% 20.0% 1.5%
Dividend 34,757 19.5% 20.0% -0.5%
Global 38,587 21.6% 20.0% 1.6%

評価額での比率を参考とするか、それとも購入額を参考とするのかはまだ決めかねている。

とりあえず評価額を参照すると、目標とのGapが最大なのはIndexカテゴリーである。

で、どうする?

事前策定の戦術に従い、6月末の金曜日か7月末の金曜日に、Index ETFを最低50万円分購入する。

このように新しい運用方針では実行範囲を決めている。

つい先日まで採用していた、なんちゃってドルコスト投資法より選択肢がかなり狭い。

自由度が少なりやや窮屈さを感じないことは無いが、とりあえずこれでやってみよう。

実は米国優良銘柄への投資は退屈なのだ。

飽きてしまい途中で投げ出し、続けられないかもしれない。

なので自分で面白さを見つけていくよ。

継続は力なり、とは投資にも当てはまるだろうから。

そんなわけでこれからも米国配当成長ポートフォリオを育てていく。

See you!

参考?サラリーマン投資家が設定するべき実行範囲

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク