配当成長投資では、トータルリターンの比較をするのは無駄

スポンサーリンク

配当成長投資では、S&P500等のベンチマークとの比較は不要である。

2年ちょっと配当成長投資をしているが、ようやくその結論に至った。

理由は下記の通り。

リターンは、キャピタルゲイン + インカムゲイン

S&P500のトータルリターンは、配当による割合が約5割というデータが存在する。

配当の最大化を主目的とした配当成長投資家にとってこれは、非常に重要なFACTだ。

もしトータルリターンを検討する場合、株価上昇によるキャピタルゲインと配当成長によるインカムゲインの双方を加味する必要がある。

ところが配当成長投資では、キャピタルゲインを配当と同列に扱うことは少ない。

配当ファーストである。

キャピタルゲイン < インカムゲイン

過去のトータルリターンや株価上昇率を見るよりむしろ、配当金支払い状況に主軸を置いて銘柄選考をする。

このことからも、配当金が第一優先であると分かる。

もちろん株式購入の際には適正価格以下を狙う重要性は申し添えておく。

参考 配当金再投資、増配銘柄で実施すれば効果倍増

配当成長投資は積み木のようなもの

配当成長投資は、配当金の最大化を主目的とする。

株式追加購入の際にはその行為により将来貰えるであろう配当金がいくら増加するのかを計算する。

ここがキャピタルゲイン狙いの投資との大きな違いである。

例えるならば、積み木を一つずつ重ねていき大きな塔を建てるイメージだ。

一つ一つの積み木が崩れる可能性が少ないものを選ぶ。

それが過去の実績であり、連続増配である。

手堅い銘柄に投資し、将来の配当金額を皮算用して楽しむことが可能となる。

このように配当成長投資はトータルリターンより配当金に焦点を絞った手法である。

参考 配当金再投資、増配銘柄で実施すれば効果倍増

トータルリターンを比較するデメリット

もちろん株式投資をするのだから、トータルリターンで良好な成績をおさめるのが理想である。

ところが配当成長投資においては、例えばS&P500とトータルリターンを比較することにデメリットが生じる。

いったい何か?

それは最悪のときである。

暴落などをして最悪というのもあるが、S&P500とトータルリターンを比較して最悪の場合を想定する。

例えばS&P500ではトータルリターンが10%を上げている時に、配当成長投資をしていたら3%のリターンしかなかったとする。

この場合多くの投資家は投資手法の変更を検討し、株式売却を選択しがちだ。

そしてS&P500などのインデックス投資へと切り替えてしまうだろう。

仮に配当成長ポートフォリオをそのまま保有しつつ、その後はS&P500ファンドに投資継続するとしよう。

この場合には主目的であったはずの配当金額は40-50%程度減少することになる。

つまり配当成長投資をしている場合、株式売却してそれ以外の投資方法に変更することはタブーなのだ。

これまで積み上げてきた配当金を崩すことになるからである。

トータルリターンを比較する最大のデメリットを要約すれば、指数を下回っているだけで戦略を放棄したくなる可能性があること。

配当成長投資を継続するために

配当成長投資は、過去データを重視する手法である。

歴史を振り返れば、長期投資の総リターンの90%は、アセット・アロケーション(資産配分比率)で決まる。

つまり、指数と比較して大きく優れていようが劣っていようが、資産配分比率が同じならいずれはリターンも同程度に収束するわけだ。

したがって、短期的にはトータルリターンを比較することは無駄となる。

元本を追加投資している場合はとくにトータルリターンの計算には時間がかかる。

貴重な時間をわざわざそんな無駄な計算に費やさなくてよい。

この結論に至るまで、私は比較し続けていたよ。

参考 投資の総リターンの90%は、資産配分比率で決まる

まとめ、

配当成長投資では、期間内に一定額の年間配当所得を達成することを目標とする。

つまり配当金の最大化を目的とする手法である。

S&P500などの株価指数とトータルリターンを比較することは、目標達成への妨げとなる可能性が高い。

換言れば、ベンチマーク比較は騒音であり、投資パフォーマンス追及というプレッシャーを引き起こすことが考えられる。

これは合理的ではなく、邪魔でしかない。

したがって配当成長投資においては、ベンチマークとトータルリターンを比較する必要なし。

今の状況ではただの強がりにしか聞こえないけどね。

See you!


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク