エクソン・モービルを定期購入した理由、3つの競合優位性【XOM】

スポンサーリンク

オイルメジャー筆頭、【XOM】エクソン・モービルを購入した。

80.5ドル×34株で。

”なるべく個別銘柄を毎月購入” の、「なんちゃってドルコスト投資法」のもと、17年3月も定期購入と称して買付に至った。

その理由を振り返りたい。

指標

 17年3月16日時点 XOM
株価 82.07
PER 43.73
EPS 1.88
配当 3.7%
配当性向 159.6%
増配年 34年
増配率(5年) 10.0%
増配率(10年) 8.8%
β 0.88
モーニングスター ★★★
Moat Narrow

直近5年配当利回り(TTM)

  • 最低:2.16%
  • 最高:4.13%
  • 平均:2.93%

配当性向が100%を超えており、いわゆるタコ配となっている。

一方で配当利回りは過去5年間の推移をみると魅力的水準と思える。

なおかつ配当貴族銘柄であり、増配記録は34年を継続中。

まさにブルーチップ。

【XOM】3つの競合優位性

エクソン・モービルのプレゼン資料はいつも競合他社との比較を示している。

そこに業界No.1である自信とプライドを感じる。

ちょっとカッコイイ。

惚れちまいそうだぜ、XOMよ

尚、主な競合は下記のとおり。

  • XOM:エクソン・モービル
  • CVX:シェブロン
  • RDS:ロイヤル・ダッチ・シェル
  • TOT:トタル
  • BP:ビーピー

そのプレゼン資料からスライドを抜粋してみた。

1.キャッシュフロー

曰く、

  • 強固でユニークなバランスシート
  • オペレーションからの220億ドルのキャッシュ
  • 価値を提供し続ける事が可能な、ポートフォリオ管理
  • 原油価格低迷の環境下での、柔軟な設備投資
  • オイルメジャー中、フリーキャッシュフローがプラスな唯一の企業

2.配当成長率

  • 過去10年間で、年率8.8%の増配
  • 2016年の配当金は1株あたり2.98ドル、3.5%増配
  • フレキシブルな自社株買い
  • エクソンとモービルの合併以来、株主に約370億ドルを還元

参考:36兆円?米国株投資家もびっくり、エクソン・モービル総還元額【XOM】

3.ROCE(使用資本利益率)

ROCE(使用資本利益率)とは、投下した資本(有利子負債+自己資本)に対し、どれだけのリターンがあったかを計る指標。

総資産に対し、どれだけのリターンがあったかを計るROA(総資産利益率)と近い指標である。

グロービスより

正直に言うと、

  • コア銘柄の中で、保有金額が少なめであった
  • 配当利回りが魅力的水準であった
  • 他に適切な銘柄が見つからなかった

この3つが購入の決め手。

それでも上述の3つの競合優位性をもとにして、【CVX】ではなく【XOM】を購入したのは事実だ。

で、どうする?

アメリカ株は近ごろ堅調。

ふと気づけば、購入したい銘柄は限られている。

とはいえ、今後も ”なるべく個別銘柄を毎月購入”の、なんちゃってドルコスト投資法は続けていく。

次回は何を買おうかなぁ ということを考えるはけっこう楽しい。

退屈なアメリカ優良株投資へのスパイスとなるからね。

あなたはどんな投資をしていますか?

See you!

参考:36兆円?米国株投資家もびっくり、エクソン・モービル総還元額【XOM】


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク