プロスペクト理論、株で損失を過剰に恐れる心理に打ち勝つ方法

スポンサーリンク

損失を狙って投資をするのは馬か鹿くらいだ。

大小はおいておき、投資は利益を狙って実施するものである。

利益と損失、どっちが好きですか?

聞くまでもなく、”利益”ですよね。

損失を好む人間は稀。

ヒトは損失を恐れる、過剰なまでに。

人が損失を過剰に恐れる、という事は研究により証明済。

その名を、プロスペクト理論 という。

プロスペクト理論とは?

プロスペクト理論は、不確実性下における意思決定モデルの一つ。

選択の結果得られる利益もしくは被る損害および、それら確率が既知の状況下において、人がどのような選択をするか記述するモデルである

行動経済学における代表的な成果としてよく知られている。

期待効用仮説にたいして、心理学により現実的な理論として、1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって展開された[1]

カーネマンは2002年、ノーベル経済学賞を受賞している。

ウィキペディアより

行動経済学で中心となっている理論の一つとのこと。

その実証実験の概略は下記の通り。

質問

質問➀:あなたは、以下のどちらを選ぶか?

  1. 100万円が無条件で手に入る
  2. コインを投げ、表が出たら200万円、裏が出たら0円

質問②:あなたは200万円の負債を抱えている。そのとき、以下のどちらを選ぶか?

  1. 無条件で負債総額が100万円に減額される。
  2. コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除、裏が出たら負債総額200万のまま。

回答(研究結果)

心理学者の研究によると、多くの回答者が赤字回答をするという。

質問➀:あなたは、以下のどちらを選ぶか?

  1. 100万円が無条件で手に入る
  2. コインを投げ、表が出たら200万円、裏が出たら0円

質問②:あなたは200万円の負債を抱えている。そのとき、以下のどちらを選ぶか?

  1. 無条件で負債総額が100万円に減額される。
  2. コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除、裏が出たら負債総額200万のまま。

いずれの選択肢も期待値は100万円。

同じ100万円の期待値ではあるが、利益確定と損失確定で回答が異なっている。

プロスペクト理論は、「損失回避」の考えを如実に表す。

例えば、損した金額と儲かった金額が同じ場合、

損した金額の悔しさ > 儲かった金額の嬉しさ

であることを示す。

その差は2倍以上!

このプロスペクト理論・損失回避の概念は、株式投資における心理学にもよく応用される。

私見

プロスペクト理論とはノーベル賞をとった程の優れもの。

万人の心理をよくついている。

上述の回答結果を株式投資に置き換えれば

  • 利益確定:100万の利益確定を今すぐしよう
  • 損失確定:200万の損失確定はちょっと気が引ける。しばらく様子見しよう

となり、

  • 利益:利益がでているとすぐ売却して確定しがち
  • 損失:損がでていると売却せずそのまま様子見しがち

となる。

一言でいえば

利食いは早すぎ、損切りは遅れる

原因・課題

プロスペクト理論は株式投資に応用される。

多くの人は損失回避の深層心理が働くので、利食いは早すぎ損切りは遅れがちとなる。

この原因はずばり、感情によって人は動く ということ。

ヒトは、感情によって投資実施の可否を決めたり、投資対象の選択をしたり、売買したりする傾向がある。

株式投資の行動における、原因・課題が分かったならばあとはどうするか?

対策

投資をする際には、感情を排除する事が第一。

株式投資でいえば

  • 取引ルールを明確化し、それに従った行動をする
  • 逆指値などのテクニカルなサポートを使う

とにかく、感情のコントロールが投資成功には重要である。

で、どうする?

感情のコントロール、、、

難しい。

なんとなくのノリだけで生きている私。

感情のコントロールが困難な私に適した投資方法はズバリ

  • 不動産投資
  • 配当金狙い投資

いずれも、現在価格が把握しずらい or 把握せずとも良いから。

現在価格を気にしなければ、感情が揺れ動く機会が減る。

すると感情に影響された投資行動を避ける事ができるというわけ。

そして今は配当金狙いの投資を採択中。

米国株を中心にして。

なぜなら、配当金狙いなら、アメリカ株投資が良い と考えているから。

今回、プロスペクト理論から学んだ事、株で損失を過剰に恐れる心理に打ち勝つ方法は

  • 感情にコントロールされない
  • 感情にコントロールされにくい方法を選択する

See you!

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク