どの国の株に投資すれば良いか? 国別の株式利回り1900-2012年

スポンサーリンク

米国では時間さえあれば株式投資で、誰でもお金持ちになれる。

それはアメリカでの話。

そうは言いつつ、日本在住でもしっかりと株式投資のリターンを享受したい。

するといくつかの疑問が生じる。

  • どの国の株に投資すれば良いの?
  • 日本株式ではどうなんだろう?
  • 日経平均はバブル崩壊後の高値更新はしていないし、日本市場では難しいのでは?

その疑問にまずは、ジェレミー・シーゲル著 株式投資 第4版の中にある1900年~2006年12月の国別株式実質リターンの記載が参考となる。

  • 1位:スウェーデン
  • 2位:オーストラリア
  • 3位:南アフリカ
  • 4位:アメリカ
  • 5位:カナダ

だがこのデータは2006年末締めであり、リーマンショックの影響が加味されていない。

「100年に一度の危機」を含んだ国別株式リターンを知りたくないですか?

そんな時は、

「教えて、シーゲル先生!」

こんな質問が来る事はシーゲル先生もご承知。

すでに株式投資 第4版の続編を発刊しており、その中に2012年末までのデータを組み込んでいる。

国別の株式利回り1900-2012年

 Stocks for the Long Run 5/Eより

合計19か国の株式実質リターンが集計されている。

平均を上回った国は6か国。

  • 第一位:南アフリカ
  • 第二位:オーストラリア
  • 第三位:アメリカ
  • 第四位:スウェーデン
  • 第五位:ニュージーランド
  • 第六位:カナダ

残念ながら日本は平均値以下の長期リターンであった。

平均を上回っている国を対象に株式投資をすれば、負ける確率は低くなるだろう。

この図からは正確な数値が読み取れないが、Stocks for the Long Run 5/Eの本文の中にはいくつかの国の実質リターン%が記載されている。

  • 南アフリカ  :7.2%
  • オーストラリア:7.2%
  • アメリカ   :6.2%
  • 平均     :5.4%
  • イタリア   :1.7%

平均は5.4% 覚えておいて損はない。

ちなみに、2006年締めの株式投資 第4版と2012年締めのStocks for the Long Run 5/Eには、上位国と最下位の実質リターン値が記載されている。

せっかくなので、その両者を比較しておこう。

2006年 vs 2012年

1900年からの株式投資リターンの比較の結果はこちら。

データロック2006年*2012年**
最上位国約8%7.2%
最下位国2.7%1.7%

*:2006年最上位:スウェーデン、最下位:ベルギー

**:2012年最上位:南アフリカ/オーストラリア、最下位:イタリア

あえてこの比較を行ったのには理由がある。

それは実質リターン(%)が随分と下がってきている事。

最上位国も最下位でも株式の実質リターンが年率で1%も低下。

2006年~2012年にかけての株式リターンが非常に低かった事を暗示している。

今後、株式のリターンがどうなるのかはわからない。

株式投資で、誰でもお金持ちが示すように、株式>債券>貯金という事に変わりはないだろうが。

株式投資のリターンとしては、1900-2012年の19か国の平均値 5.4% をメルクマールにしておこう。

まとめ、

株式投資の実質リターンは国毎に異なるが、19か国の1900~2012年の平均値は5.4%。

平均を上回った国は、南アフリカ、オーストラリア、アメリカ、スウェーデン、ニュージーランド、カナダであった。

2006年以降の株式投資リターンは低下傾向であるが、今後も株式>債券>貯金は変わらないと考えられる。

日本在住で株式投資をする場合、アメリカ株は良い選択一となる。

See you!

*参考:株式投資で、誰でもお金持ち

*参考:1900年~2006年12月の国別株式実質リターン

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク