1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術を読み、学んだ事

スポンサーリンク

1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術を読んだ。

サラリーマンでも資産1億円を築ける と謳っている。

私もぜひとも富裕層の仲間入り、資産1億円を達成したい。

読書後の感じた事を残しておく。

試行錯誤の後にたどり着いた投資術

本書は著者であるDUKEさんの実体験が随所にちりばめられている。

信用取引、低位株、ナンピン、などなど。

1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術にたどり着く前に、様々な投資方法を実践している。

この点から私が感じた事は、個人投資家は最初から投資方針が固まっている訳ではない、ということ。

試行錯誤の後に自分に合った投資術にたどり着くという訳だ。

もちろんその間には失敗もあるだろうし、適切な自己投資や学びが必要である点は忘れてはならない。

私自身も投資方針を少しずつ変化させている。

継続しやすい方法を模索中である。

1勝4敗でも勝てる投資術

ここでは特に目についた文言を抜粋しておく。

新高値を抜けると、それ以前に投資していた人たちはみんな、含み益になるのでハッピーな状態になり、売りたいという人が減る。

会社の成長とともに自分自身の資産も大きく成長する。そんな喜びを味わえるのが成長株投資。

自分の性格に合った投資法が利益をもたらす。

株式投資で儲ける為の最大のコツは、最安値で買う事ではなく買った株を最短期間で自分の買値を大幅に超える株価で売ること。

勝ち組銘柄に投資しなければ勝てない。

株式市場には、素早い投資家と敗者の二者しか存在しない。

1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術より

こういった記載ののちに、どのように実践したらよいのかのHow to doがDUKEさんの経験とともに述べられている。

私が感じた点は、自分には応用が難しいなぁ という点。

理由は、スピードが要求されるから。

もうちょっと、のんびりとゆる~く株式投資を継続したいのだ、私は。

一方で、チャキチャキしていて、短期間でキャピタルゲインを得たいという人にとっては有益な情報が多数掲載されている。

で、どうする?

私にとってこの本から学んだ一番大きな点は、自分の性格に合った投資法が利益をもたらす という事。

そしてその方法は未来永劫不変という訳ではなく適宜修正していってよい。

私の投資方針はしっかりと固まっている訳ではない。

今後もまだまだ私の米国株投資戦略の模索は続く。

詳しくはこちら→ 1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術

See you!


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク