ヘルスケアセクター 製薬企業売上高ランキングベスト20

スポンサーリンク

ジェレミー・シーゲル著 株式投資の未来によれば、ヘルスケアセクターの過去リターンは優れていた。

おまけに、今後も投資リターンが有望なセクターとして記載されている。

どのくらい製薬企業が優れていたのか、セクター別リターンを整理しよう。

各セクターのリターン(1957年~2003年)

セクター実質セクター・リターン
ヘルスケア14.19%
生活必需品13.36%
情報技術11.39%
エネルギー11.32%
一般消費財11.09%
S&P500 平均10.85%
金融10.58%
資本財10.22%
電気通信9.63%
公益事業9.52%
素材8.18%

このように、ヘルスケア業界のリターンは年率14.19%に達し、S&P500主要10セクターの中で最高となった。

なんと、全体平均を年率3ポイント以上も上回る水準である。

これら医薬品企業がどの程度の規模であるのかを知っておいた方が良い。

そこで、製薬企業の売上高ランキングを残しておく。

製薬企業 売上高ランキング (2014年)

No社名2014 ($m)
1ノバルティス47101
2ファイザー45708
3ロシュ39120
4サノフィ36437
5メルク36042
6J&J32313
7グラクソ・スミスクライン29580
8アストラゼネカ26095
9ギリアド・サイエンシズ24474
10武田薬品工業20446
11アッヴィ20207
12アムジェン19327
13テバ18374
14イーライ・リリー17266
15ブリストル・マイヤーズ スクイブ15879
16バイエル15486
17ノボ ノルディスク15329
18アステラス14099
19ベーリンガー・インゲルハイム13830
20アクタビス13062

製薬企業売上高ベスト20に、日本企業も2つランクインしている。

武田薬品工業と、アステラス製薬。

日本企業に限らず米国・欧州のいずれにおいても、医薬品企業は利益率が高く優良企業が多い。

おまけに投資リターンも優れている。

このような製薬銘柄に投資しない手はない。

まとめ、

過去のセクター別リターンにおいて、ヘルスケア業界はNo.1セクターである。

さらには、運用リターンのベスト20であるシーゲル銘柄に輝いている企業が複数ある。

【ABT】アボット・ラボラトリーズ

【BMY】ブリストル・マイヤーズ スクイブ

【MRK】メルク

【PFE】ファイザー

などなど。

米国株に投資する場合、これらヘルスケア銘柄を忘れずに抑えておこう。

See you!


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク