連続増配年の定義 実は毎年増配しなくても良い

スポンサーリンク

アメリカ企業には数多くの連続増配銘柄が存在しており、50年以上増配を続ける配当王(Dividend King)、25年以上の増配を継続する配当貴族(Dividend Aristocrats)という呼称すらある。

ここでのキーワードは、”連続増配”

連続増配とは、増配を毎年繰り返している事

と、思いがちであるが、実は毎年増配がなされていなくても、連続増配は達成可能であるのだ。

なぜならば、年間の1株当たりの配当金が前年より増加していれば、連続増配といえるからである。

それを具体例を用いて見てる。

連続増配

このケースを考えてみよう。

 1Q2Q3Q4Q合計
基準11114
2年目111.11.14.2
3年目1.11.11.11.14.4
4年目1.11.11.21.24.6
5年目1.21.21.21.24.8

まずは緑背景をご覧いただきたい。これは増配した場面。

続いて、合計の数値に目を向ける。 配当金合計/年は、常に上昇している。

シンプルにすると

増配 :2回

増配年:4年

え”~!

詐欺ではないか?

だがこれは嘘でもマジックでもない。

まぎれもない事実であり、公然と認められている事実。

このような例をまさに具現化している銘柄がある。

それはあなたもご存知かもしれないアメリカ企業。

エネルギーセクターの雄。

その名は

シェブロン【CVX】

シェブロン【CVX】の配当金

シェブロンは、ダウ30構成銘柄であり、3・6・9・12月の配当支払いをしている。

おまけにS&P500配当貴族インデックス構成の50企業に属しており、世界有数の超優良企業である。

その四半期毎の配当金/1株の推移がこちら↓

 西暦3月6月9月12月合計
201411.071.071.074.21
20151.071.071.071.074.28
20161.071.071.071.084.29

よーくご覧いただきたい。

1.07ドル/四半期の支払いが、2014年5月~2016年8月まで続いている。

つまり10四半期、2.5年にわたり1.07ドル/Qの配当金が継続されていたのだ。

にも関わらず、連続増配/年は途切れていない。

そして配当貴族としての面目を保っている。

このように、毎年増配しなくても連続増配記録は維持できるし、配当貴族の権利も保持可能なのだ。

終わりに、

米国企業は株主還元に積極的であり、株主もそれを求めている。

目に見える形の方法が、配当でありそれを継続する事を各企業のCEOも考えているだろう。

そうしてみると、”連続増配”を保持する事は重要である。

今回のシェブロンの例のように、首の皮一枚繋がってその前例踏襲をしている企業もある。

いかなる局面においても連続増配を続けていく、という企業意志を示すことは、株主にとっても需要度は高いし、応援したくもなる。

ともなれば、リターンは高くなると推測される。

よって私は、アメリカ株の連続増配銘柄への投資がやはり好きだ!

See you!!!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

『連続増配年の定義 実は毎年増配しなくても良い』へのコメント

  1. 名前:`qw 投稿日:2016/11/27(日) 08:33:48 ID:eb4edb8e4 返信

    謎が1つ解けました!!素晴らしい記事ありがとうございます。

    しかし米国株の株主還元への積極性は素晴らしいですね。
    内部留保をしまくって株主どころか従業員へも還元しない日本企業は・・・

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2016/11/27(日) 15:07:10 ID:3873fe28c 返信

      qwさん、
      謎の解決に貢献できてよかったです。
      今後ともよろしくお願いします。

  2. 名前: 投稿日:2016/11/28(月) 08:10:33 ID:5bc578c44 返信

    なるほどです〜。確かに、CVXに関しては不可解でした。参考になりました。

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2016/11/28(月) 21:58:41 ID:871ad1cc0 返信

      ブロガー伴さん、
      こちらのブログにまでコメントありがとうございます。
      CVXは今回の四半期で増配するか否かが、連続増配銘柄生き残りの分かれ目でしたからね。
      タコ配ですし、苦渋の決断だったのだろうと推測します。