砂糖税の逆風に曝されるコカ・コーラから配当金【KO】

スポンサーリンク

コカ・コーラから100株分、25.11ドルの配当金を獲得。

【KO】は本年7月に購入しており、配当金は今回が初。

砂糖税、各国導入を検討

コカ・コーラ社にとっては最大の懸案事項。

砂糖税が、各国で導入検討。

【KO】はどう闘う?

WELQ(ウェルク)は、あなたのココロとカラダの悩みをスッキリ解消できるヘルスケア情報のキュレーションメディアです。健康に関するお役立ち情報から、ダイエットやスキンケアなどの美容情報まで、ヘルスケアに関する情報が満載です。

私見

酒、たばこ、の税率をあげるのは難しかろう。

いいところにいた、それが砂糖。

【KO】社には、この野郎!

今後はガンガンロビー活動。

対策案①

砂糖ゼロ

ゆえに課税ゼロ

参考にするのは第三のビール。

通常のコカ・コーラと、ダイエットコークは、砂糖税が課税されるかによって値段が変わるのだろうか?

対策②

課税を許容。価格に転嫁。

タバコに類似。

コカ・コーラが将来的には嗜好品として扱われるかもしれない。

いずれにせよ、

砂糖税を導入したならば、そこからの税収をあてにしてしまうのが国庫。

酒税だって、たばこ税だって大事な税収。

そこに砂糖税が加わるだけ。

結局は税金なんだし、消費者が支払うものなんだ という点は忘れてはダメ。

終わりに、

現在の指標を記録しておく。

KO
株価42.00
PER24.40
EPS1.74
配当3.33%
配当性向84.3%
増配年54年
増配率(5年)8.4%
増配率(10年)9.0%
β0.59

配当利回り状況 直近5年
最低2.42%2012年7月30日
最高3.40%2015年9月14日
平均2.85%

161020-ko

Ychartより

いまの配当利回りは、過去からみると魅力的。

懸念点は高配当性向。

それを気にしなければ追加購入かな。

そんな感じで、See you!

【追記】
はちどうきゅうどうは、マネックス証券でアメリカ株投資を実施中。個人的には米国株投資での優位性は圧倒的だと感じています。

☆詳細・申し込みはこちら→マネックス証券

【マネックス証券 米国株】
●手数料が業界最安値
●指値が90日と長く、ジックリ投資派に最適
●トレードステーションが使いやすい

参考スマホで米国株取引する快適さを、マネックス証券が教えてくれた
 
関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク