米国株投資をする理由~国別の株式実質利回り第四位はアメリカ~

スポンサーリンク

国別の株式と債券の実質利回り

(1900年~2006年12月、年率平均)

160925-sweden

株式投資 第4版より

株式の実質利回りランキングは、

1位:スウェーデン

2位:オーストラリア

3位:南アフリカ

4位:アメリカ

5位:カナダ

6位:イギリス

7位:オランダ

8位:デンマーク

9位:アイルランド

10位:スイス

11位:日本

アメリカよりもリターン上位国への投資

アメリカは第4位であり、それより上位の国は三つしかない。

  • 1位:スウェーデン
  • 2位:オーストラリア
  • 3位:南アフリカ

スウェーデンに投資しようとしたら、どうしたらよいか?

日本の証券会社からでは難しい。

著名な企業としては、”イケア” がある。

では、オーストラリアは?

これも困難がつきまとう。

有名企業としては、鉱業のNo.1であるBHPビリトンや、カンタス航空。

南アフリカは?

これは想像するのみに留まってしまう。

というか、想像すらできないかも。

結局は?

やっぱり米国株が良い という事になる。

日本から投資をする場合の以下の3つの観点を鑑みた場合には。

  • 実行可能性
  • 情報収集のしやすさ
  • 保有欲を掻き立ててくれ、投資継続への補助

もちろん日本にいるので情報は日本株についてが一番収集しやすい。

だが私には情報が多すぎて取捨選択が困難となってしまう。

適度な位置関係にあり、かつリターンも高いとされている米国株への投資が心地よい。

株式投資の初心者にこそ、米国株投資が良いのではないかとさえ思う。

なにせ経済素人の私が、アメリカ株投資を継続できているのだから。

ちなみに私はマネックス証券でで米国株投資をしている。

理由は以下の3つ。

  • 手数料が安い
  • 指値ができる
  • 注文有効期間が90日と長い

そんなわけで、コツコツと米国連続増配銘柄へ投資をしていく。

See you!

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク