シーゲル銘柄は高リターン 個別株運用成績ランキングトップ20企業

スポンサーリンク

”シーゲル銘柄” という単語は存在するのか、よく分からない。

一方で、ジェレミー・シーゲル著 株式投資の未来には、1957年~2003年迄のリターン上位20銘柄が記載されている。

そして、Stocks for the Long Run 5/E:  にはさらに長期間、2012年迄の運用成績ランキングに言及されている。

この1957年~の運用成績ランキングベスト20の事をシーゲル銘柄と私は呼ぶ。

シーゲル銘柄

1957~2012年の運用リターン上位はこちら。

No社名年率
1フィリップモリス19.47
2アボット・ラボラトリーズ15.18
3コカコーラ14.68
4コルゲート・パーモリーブ14.64
5ブリストル・マイヤーズスクイブ14.40
6ペプシコ14.13
7メルク13.95
8ハインツ13.80
9CVSケアマーク13.65
10トッツィロー13.57
11クレイン13.57
12ハーシー・フーズ13.53
13ファイザー13.38
14EQT13.16
15ジェネラルミルズ13.12
16ワンオーク13.04
17プロクター&ギャンブル13.00
18ディア12.86
19クローガー12.70
20マグロウヒル12.58

シーゲル銘柄の過去リターンは優れている。

これらシーゲル銘柄の安定感が未来永劫続くとは限らないが、今後もある程度の運用成績をもたらしてくれる可能性が高い。

まずは運用成績上位の理由を知り、それを今後の投資方針に応用するのが良い。

ジェレミー・シーゲル著書、運用成績Top20銘柄 2012年版
ジェレミー・シーゲル著 Stocks for the Long Run 5/E:  に、1957年~2012年迄での運用成績上位20銘柄の記載があった。 パフォーマンス上位20銘柄 1957~2012年編 2003年版と2012...

運用成績上位の4つの理由

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす には、以下の記載がある。

前提↓

  • 長期投資
  • 米国株を基本
  • 配当重視
  • バリュエーションはいつも大事

この前提は、事実に基づいて記述がなされている。

こらら4つの理由をもとに銘柄選択をする事で、今後のリターンに繋がる事うけあい。

さて、どうする?

過去の事象から導き出された運用成績上位ランキングはすでに明らかとなっている。

過去→現在→未来を一つのつながりとして考え、過去を参考に未来を想像するのが私には受け入れやすい。

その場合、シーゲル銘柄への投資が推奨されるという訳だ。

いま保有している米国銘柄とシーゲル銘柄を見比べて、今後の買い付け銘柄を決めていく事とする。

See you!

過去データをまとめて勉強するなら→株式投資の未来

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

Translate »