シーゲル銘柄は、運用成績ランキングトップ20

スポンサーリンク

シーゲル銘柄とは、運用成績ランキングトップ20

ジェレミー・シーゲル著 株式投資の未来には、1957年~2003年迄のリターン上位20銘柄が記載されている。

その後に発刊されたStocks for the Long Run 5/Eでは、さらに長期間である2012年迄の運用成績ランキングが言及されている。

これら1957年~の運用成績ランキングベスト20の企業をシーゲル銘柄と私は呼ぶ。

シーゲル銘柄 2012年版

1957~2012年の運用リターン上位はこちら。

No社名ティッカー年率増配年
1フィリップモリスPM19.4746
1アルトリアMO19.4746
2アッヴィABBV15.1844
2アボット・ラボラトリーズABT15.1844
3コカコーラKO14.6853
4コルゲート・パーモリーブCL14.6453
5ブリストル・マイヤーズスクイブBMY14.407
6ペプシコPEP14.1344
7メルクMRK13.955
8ハインツHNZ13.805
9CVSヘルスCVS13.6513
10トッツィローTR13.5750
11クレインCR13.5711
12ハーシー・フーズHSY13.536
13ファイザーPFE13.386
14EQTEQT13.16
15ジェネラルミルズGIS13.1213
16ワンオークOKE13.0413
17プロクター&ギャンブルPG13.0060
18ディアDE12.8612
19クローガーKR12.7010
20マグロウヒルMHP12.58

シーゲル銘柄は、過去リターンが優れている株を指す。

シーゲル銘柄の安定感が未来永劫続くとは限らない。

過去の実績が必ずしも未来を保証するわけではないからだ。

しかしながら今後もある程度良好な運用成績をもたらしてくれる可能性は十二分にある。

セクター別の過去リターン(2003年版)

  1. ヘルスケア 14.19%
  2. 生活必需品 13.36%
  3. 情報技術 11.39%
  4. エネルギー 11.32%
  5. 一般消費財 11.09%
  6. 金融 10.58%
  7. 資本財 10.22%
  8. 電気通信 9.63%
  9. 公益事業 9.52%
  10. 素材 8.18%
  11. S&P500平均 10.85%

セクター別にトータルリターンを振り返れば、生活必需品とヘルスケアセクターが強かった事が分かる。

アメリカ株へ投資をする場合、まずは20世紀後半での運用成績上位セクター・個別銘柄を知っておく必要がある。

そして運用成績が優れていた背景を頭に入れておく。

その後に自身の投資方針へ応用するのが良い。

運用成績が優れていた背景

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす には、以下の記載がある。

  1. 長期投資
  2. 米国株を基本
  3. 配当重視
  4. バリュエーションはいつも大事

この前提は事実に基づいた記述がなされている。

つまりこれら4つの背景を参考にした上で、セクター選定や銘柄選択をすれば今後のリターンに繋がる。

参考 米国株は11セクター、業種別の代表銘柄リスト

終わりに、

過去の運用成績上位ランキングはすでに明らかとなっている。

過去→現在→未来を一つのつながりとして考え、過去を参考に未来を想像するのがリーズナブルだ。

その場合、シーゲル銘柄への投資が推奨されることになる。

このように過去のデータがしっかりと明らかとなっていることは、アメリカ市場の強みといえる。

魑魅魍魎が住む株式投資の世界において、経験の少ない個人投資家が生き残っていくことは難しい。

それでもひとたび株式市場に身を置いたならば、成功の確率が高いところを探すことが求められる。

だがゼロから探す必要はない。

アメリカ市場におけるオアシス、シーゲル銘柄の存在を知ったのだから。

See you!

米国株への投資なら → マネックス証券

参考 貯金と株式投資、お金持ちへの近道はどっち?

参考 どの国の株へ投資すれば良いか、国別運用成績ランキングをみて考えろ


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

『シーゲル銘柄は、運用成績ランキングトップ20』へのコメント

  1. […] よると、過去55年間(1957年~2012年)配当再投資したときのリターンが年率14.64%でした。シーゲル銘柄の第4位に位置しています。日本人には馴染みのない企業かも知れませんが、歯磨き粉 […]