配当貴族から配当王への道のりで、47%が脱落する

スポンサーリンク

配当王とは?

50年以上連続で増配している銘柄を、敬意を表して”配当王”と呼ぶ。

米国においては、18銘柄が該当する。

残念ながら本邦には該当する企業はない。

米国株の凄さがお分かり頂けると思う。

25年前の配当貴族は?

25年以上連続増配している銘柄は”配当貴族”と呼ばれている。

つまり、いまの配当王は25年前は配当貴族だった事になる。

この場合、以下を調べることにより配当王になる為の壁が分かる。

  • 1991年:配当貴族銘柄数
  • 2016年:配当王銘柄数

早速ではあるが結果を見てみる

  • 1991年配当貴族銘柄数:38
  • 2016年配当王銘柄数 :18
  • 継続率:47%

25年連続増配を達成したとしても、それが50年連続まで到達できるかどうかは半々という事。

まとめ

配当貴族といえども、その後25年間連続での増配を継続できるかは47%の確率。

これを高いととるか低いととるかは、あなた次第。

でも考えてほしい。

いま、配当貴族を10銘柄持っている場合

今後25年連続増配継続するのはその内の5銘柄となる、という事を。

もちろん未来のことはわからない。

だが、ドットコムバブルやリーマンショックを乗り越えてのこの数字。

ここからもわかるように、配当貴族・配当王銘柄への投資は、固い・安定感ある方針。

反面、面白みに欠ける・・・かも。

そんな連続増配銘柄への投資を、面白く実施していくのがミソ。

うん、

配当王に俺はなる!

See you!!

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

『配当貴族から配当王への道のりで、47%が脱落する』へのコメント

  1. 名前:たぱぞう 投稿日:2016/09/18(日) 11:17:55 ID:a492178a0 返信

    配当王へのみちのりは険しいですね。47%が脱落ですか。エクソンやシェブロンが今後どうなるかですね。私はRDSBを持っています。奇跡的に!?まだ減配はしていませんが、未来はわかりませんね。

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2016/09/19(月) 10:22:33 ID:159b9b4bc 返信

      たばぞうさん
      こんにちは。
      たしかに、【XOM】や【CVX】はリーチかかってますね。とくに【CVX】は今回が勝負。どうなることやら。
      未来予測は私には無理なので、固い と思われる方法で運用していく事にしています。