ウォルマートを株価71.97ドルで定期購入 【WMT】

スポンサーリンク

低価格が売り、エブリデー・ロウ・プライスのウォルマートを8月26日に追加購入した。

株価:71.97ドル

株数:21株

年間2ドル/株の配当金なので、21株×$2= 42ドル/年の配当金権利をゲット。

エブリデー・ロウ・プライスとは?

EDLP(イーディーエルピー)

Everyday Low Price の略で、特売期間を設けず、各商品を年間を通じて同じ低価格で販売する価格戦略のこと。

これに対し、特売により価格を変動させ、集客を図る手法は HILO(エイチアイエルオー、High-Low Price の略)と呼ばれる。

ウィキペディアより

消費者としては、価格が安ければ買いやすい。

ウォルマートは、そのように思う顧客をターゲットとしている。

そんな【WMT】のバリュエーションはどのようになっているか?

ウォルマート【WMT】のPER推移

低価格が売りのウォルマートの株も、絶賛バーゲン中。

もちろん、PERだけで株価が割安かどうかはわからない。

では何で判断するか?

といわれると、その厳格な材料は見当たらない。

しかしながら、 株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすにおいては、バリュエーションはどんな時も重要であると述べられている。

そして、三ケタのPERは避けることが推奨されている。

おまけに、低PER(増益を期待されていない銘柄)の運用は、高PER(髙い増益率を期待されている)よりも上回るとされている。

つまりは、PERはよい指標である。

こう考えると、【WMT】の購入満足度が上がる。

投資リターンはもちろん重要。

でも投資を継続するために、”自己満足”を噛みしめることも重要。

運用成績上位20銘柄
ジェレミー・シーゲル著 株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす を読んでる。1957年から2003年迄の年間リターンベスト20銘柄が記載されていた。備忘録代わりに記載しておく。運用成績上位20銘柄の主...

ウォルマート【WMT】の自社株買い

16年2Qに、$21億 (2000億円ちょい)の自社株買いをしている。

これは対前年同期比で111%、つまり倍以上の自社株買いを実施したという事。

これは【WMT】の経営陣もいまの株価は”割安”と判断しているのだろう。

終わりに

ウォルマート株が買い時なのかどうかはわからない。

それでも追加購入したことを自己満足はできる。

それで十分でしょ。

そして今後も継続して連続増配株を買っていく。

See you!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク