自分の為にも日本の為にもみんなで株式投資をしよう

スポンサーリンク

内閣府のホームページにこんな特集があった。

特集 今を生きる若者の意識~国際比較からみえてくるもの~

自己肯定感

諸外国と比べて,自己を肯定的に捉えている者の割合が低い。

図表1 自分自身に満足している
私見

ニッポン、ダントツだね。

ダントツの最下位。

自己肯定感とは違うかもしれないけど、海外の人ってしっかり主張するよね。

大したことない内容だけど、よくしゃべる。

それが大事なんだ。

自分がどう思うかを人に伝える!

人からどう思われるかはその次。

自分の家庭に置き換えた場合、子供と話す際には下記2点を気をつけよう。

  • その子がどう思っているかをしっかりと伝えてもらうこと
  • 親はそれを否定せずにすべてを聞いてから意見すること

自己の将来に対するイメージ

諸外国と比べて,自分の将来に明るい希望を持っていない。

図表8 将来への希望
図表9 40歳になったときのイメージ(幸せになっている)

私見

低い、低すぎるよニッポン・・・

将来のイメージが暗いから自己肯定感も低いのか、

はたまた、自己肯定感が低いから将来イメージが悪いのか?

それとも両者には関係がないのか。

兎にも角にもいまの日本の若者は、己の

・過去

・現在

・将来

にわたり、総じて悲観的。

このような現状に対しては同意する。

どこか良いところはないのかねぇ?

自国に対する認識

  • 自国人であることに誇りを持っている割合は,諸外国と同程度。
    図表13 自国人であることに誇りを持っている

  • 自国のために役立つことをしたいと思っている割合は,諸外国と比べて相対的に高い。
  • 図表14 自国のために役立つと思うようなことをしたい
私見

なんだかんだいっても、日本人は日本国のことが好きなんだね。

自分と将来の自分には否定的だけど、日本に対しては好感をもっている。

その日本のために何か役立つことをしたいと思っている。

これって凄いじゃん。

株式投資、金融教育でこの辺をうまく活用できないかねぇ。

ぱっと思いついた案

算数・数学

小学生:掛け算の教科書に複利の概念を入れる

高校生:指数関数の教科書で、「72の法則」を数式を用いて解説する

国のためにできること

貯蓄から投資へは日本全体のため というイメージ戦略

自分の為にも日本の為にもみんなで株式投資をしよう

って感じね。

(リスクをどう謳うかは要検討)

日本株、みんなで渡れば怖くない

もうちょい考えようと思ったけど、暑いので今日はこの辺で。

See you!


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク