投資はやっぱり必要なこと

スポンサーリンク

投資とは何か?

投資とは、主に経済において、将来的に資本を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す。

ウィキペディアより

これじゃ分かりにくいよ、ウィキ先生。

簡単に言うと

金を増やす為に、いまあるお金で何かを買う

うん。

そうだ。そうだ。

投資の目的はやっぱりお金を増やす事

投資の方法は何かを買う事

お金を増やすって何?

単純に額面だけを増やすって事だけでは不十分。

どれだけのものが買えるのか? っていうパワーを増やす事が大事。

ってことは、物価上昇、インフレ率も加味しないといけない。

例えば私が幼き頃は、

缶ジュースは100円だった。 いまは130円?

漫画本だって380円くらいだった。 いまは400円チョイ?

(20-30年は経っているが、この程度しか価格上昇していない。漫画家は大変だ、こりゃ。)

日本における物価上昇率はたかが知れているけど、その上昇率よりも大きな割合で増やさないとね。

結局、インフレ率以上の投資リターンが必要な訳だ。

インフレ率ってどのくらい?

160808 インフレ率

世界経済のネタ帳

デフレって言葉をよく聞いた記憶がある。

このインフレ率推移を見たらまさにそう!

我が国ニッポンのインフレ率ってショボイ。

黒田バズーカで物価上昇率2%目指したくなるのも理解できる。

ふと思う、これは投資家にとっては勝てる確率が高いんじゃない?

なにせ、

投資は、インフレ率 < 投資リターン を目指す為に物を買う事

なのだから。

投資はやっぱり必要なこと

インフレ率がひくい今こそ、投資で勝つ経験をしておく。

そして、物価上昇を目指しているアベノミクスに負けずにお金を増やしていけばよい。

つまりは、投資はいまやっておくべきこと、必要な事。

そんな訳で、私はせっせと投資に勤しむ。

See you!


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

『投資はやっぱり必要なこと』へのコメント

  1. 名前:ダルシム 投稿日:2016/08/11(木) 00:59:51 ID:de67e5cc4 返信

    デフレ時代は、株式に投資をすると、元本が目減りします。
    社債や預貯金や国債の方がパフォーマンスがいいんです。

    >ふと思う、これは投資家にとっては勝てる確率が高いんじゃない?

    は、間違っていると思います。
    デフレ時代に株式に投資をしてはいけないです。

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2016/08/11(木) 21:31:09 ID:0146bb0a5 返信

      ですね。

      デフレの国にいながら、インフレ率を保っている国に投資するのがベターですね

  2. 名前:招き猫の右手 投稿日:2016/08/11(木) 13:15:31 ID:98a66ebbb 返信

    たしかにこの低インフレ率のなかで少しでも増やせたら圧倒的勝利ですね。
    経常収支黒字の日本では恒常的に円高圧力はあるもののそれを上回る魅力が海外株にはあると思います。縮小日本と違って成長性が違いますから。

    • 名前:はちどうきゅうどう 投稿日:2016/08/11(木) 21:34:34 ID:0146bb0a5 返信

      招き猫の右手さん、
      コメントありがとうございます。

      こういった気づきをもっと早いうちに感じていれば! と思ったりします。

      でも、気づいたからには実践して結果に結びつけたいです。