コカ・コーラの株価に注目 【KO】

スポンサーリンク

バフェット銘柄、コカ・コーラ【KO】を注目している。

誰もが知っている、世界最大の「清涼飲料会社」

生活必需品セクター所属であり、かつ配当王!!

売り手よし、買い手よし、世間よし。

文句のつけどころが無い。

生活必需品セクターの連続増配12銘柄
生活必需品セクターの連続増配銘柄をピックアップした。 理由は私のポートフォリオに追加が必要であるから。 生活必需品セクターは防御...

業績

売上高

160710 ko operation income

百万ドル
2006年 24,088
2007年 28,857
2008年 31,944
2009年 30,990
2010年 35,119
2011年 46,542
2012年 48,017
2013年 46,854
2014年 45,998
2015年 44,294

売上高を見る限りは、リーマンショックをうまく乗り切っている。

しかしながら、その後2012年のピークを境にして、売上高は減少傾向。

営業利益とEPS

橙:営業利益(左軸)  灰:EPS(右軸)

160710 ko eps

売上高と同様に、営業利益も2012年をピークにして減少傾向。

EPSについては、2010年が直近10年の最高値であり、その後は緩徐に低下中。

1株当たりの配当と、配当性向

黄色:1株当たりの配当(左軸)  青:配当性向%(右軸)

160710 ko div

配当/株 配当性向%
2006年 0.62 54.2
2007年 0.68 53
2008年 0.76 61.2
2009年 0.82 55.9
2010年 0.88 34.8
2011年 0.94 34
2012年 1.02 51.8
2013年 1.12 56.7
2014年 1.22 66.3
2015年 1.32 83.1

指標

KO
株価 45.38
PER 27.43
EPS 1.65
配当 3.1%
配当性向 84.3%
増配年 54年
増配率(5年) 8.4%
増配率(10年) 9.0%
β 0.52

【Pros】

54年連続増配中

配当利回り3%超え

増配率が安定

βが低く、ディフェンス力高い

【Cons】

PERが高く、割高感がある

配当性向が高く、増配余地に懸念がでる

運営体制を世界的に改革

この数年の業績低迷をうけて、世界的に運営体制を変革中。

160710 ko2

マクドナルドよろしく、【KO】にも改革を成功し株主を安心させて欲しいものだ。

で、どうする?

マイポートフォリオで、生活必需品セクターの補強をする。

その中でも【KO】を買いたい!

この気持ちが大きくなっている。

だがいまの株価は割高。

その中でも購入の理由があればよい。

【KO】の直近5年での配当利回りを目安とする。

利回りが3.25%を超える時に購入したい。

160709 KO

世界有数の企業、コカ・コーラへの投資を検討しよう。

See you!

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク