株式投資をする上で知らないと恥をかく、売買記録の6項目

スポンサーリンク

いかなる活動においても、PDCAサイクルは重要。

株式投資では言わずもがな。

「C」 つまり、振り返り・検証を実施するには過去のFACTが必要。

その一つが売買記録。

売買記録をつけなければ、PDCAサイクルを回すことが困難となる。

自身の貴重な経験を未来に活かせなくなる。

オーマイガッ、もったいない。

売買記録に重要な6項目

バイ&ホールド戦略をとっている私は、下記6項目を重視している。

1.「売買日」

2.「銘柄」

3.「株数」

4.「金額」

5.「手数料」

6.「買った理由/売った理由」

売買差益やキャピタルゲインを狙っている投資家は、より詳細なデータを記録するのが良い。

利食いと損切りのテクニック (ウィザードブックシリーズ)が、詳細に売買記録について言及しているので参考にされたし。

この本は、”売り”について、投資初心者にも分かりやすく解説している本なので一読の価値あり。

あなたの行動は、あなた自身が決める

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

そんな格言がある。

だが、個人投資家による株式投資は、全て自己責任。

己の資金を、己で投資先を選択し、己で実行する。

個人投資家は、歴史のみならず自身の経験からも学ぶ必要が、大いにある。

そんな訳で、

自身の経験を将来に活かすために、長期投資家は以下の6項目の売買記録はつけた方がよい。

1.「売買日」

2.「銘柄」

3.「株数」

4.「金額」

5.「手数料」

6.「買った理由/売った理由」

スイングトレードや、売買差益狙いの投資家は

利食いと損切りのテクニック (ウィザードブックシリーズ)などを読んで、売買記録のつけかたを本格的に学ぶべき。

株式投資って、記録をつけながら実施するとより楽しく続ける事が出来る。

まだ売買記録をつけていない あなた。

この機会にぜひ記録をつけて、投資を楽しく継続しましょう。

See you!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク