生活必需品セクターの連続増配12銘柄

スポンサーリンク

生活必需品セクターの連続増配銘柄をピックアップした。

理由は私のポートフォリオに追加が必要であるから。

生活必需品セクターは防御力が強く、あなたの投資の参考にもなるだろう。

とはいいつつも、ピックアップしたのはiシェアーズ グローバル生活必需品 ETFの構成銘柄Top.12である。

ちなみに上位12位までが、構成比率2%以上の企業。

生活必需品セクターの12銘柄

ティッカー株価連続増配年株価PER配当
NSRGYネスレ20年72.59#N/A2.68
PGプロクター&ギャンブル60年82.2627.493.26
KOコカ・コーラ54年43.9326.553.19
PMフィリップモリス8年97.7122.984.18
PEPペプシコ44年101.9829.122.95
MOアルトリア46年67.0224.153.37
BTIブリティッシュ・アメリカン・タバコ16年119.6718.993.78
WMTウォルマート43年71.9615.922.78
ABIアンハイザー・ブッシュ14年22.98#N/A2.41
CVSCVSヘルス13年93.5420.291.82
UNAユニリーバ14年44.2423.153.09
WBAウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 40年81.7826.641.76

16年6月25日時点

これらの中から自分の投資方針やフィーリングに合う銘柄を抽出すれば良い。

また、指標を見るのも良いが企業規模、売上高上位の銘柄をピックアップするのも一つの手である。

他には1957年~2012年の個別株トータルリターンTop.20に入っているシーゲル銘柄から選択方法もある。

いずれにせよ生活必需品セクターはポートフォリオ構築の要となるはずだ。

参考 生活必需品セクター売上高ランキング Top.10

生活必需品セクターは、配当貴族銘柄で最多

25年以上連続して増配している銘柄は108ある。

その中から厳選された50企業を配当貴族と呼ぶ。

配当貴族は歴史的にS&P500 インデックスよりもリターンが高い。

その配当貴族銘柄のうち、1/4以上を生活必需品セクターが占めている。

安定感に優れることがお分かりいただけるだろう。

参考 配当貴族のセクター別状況

私の場合は?

配当利回り 3%は欲しい。

増配年は15年が目安。

すると以下の銘柄が候補となる。

会社名 増配年 配当
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ 16年 3.78
アルトリア 46年 3.37
プロクター&ギャンブル 60年 3.26
コカ・コーラ 54年 3.19
ユニリーバ 14年 3.09

16年6月25日時点

あとはフィーリングで選ぶ。

過去リターンや経営状況、配当利回り、知名度、どれを取っても優れている。

いっそのことすべて保有してしまおうか。

そう思うくらい超優良企業ばかりである。

で、どうする?

生活必需品セクターはポートフォリオの主力に据える。

ヘルスケアとの2トップを予定している。

優良企業の株を一度買ってしまえば、あとはホールドするだけでよい。

さらには買い増しをしていく。

とにかく生活必需品セクターには常に注目だ。

See you!

参考 生活必需品セクター売上高ランキング Top.10

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク