私が実施する、イギリスEU離脱に乗じたセクター別リバランスの方法

スポンサーリンク

イギリスのEU離脱(ブレグジットと呼ぶらしい)に乗じ、

セクター別ポートフォリオのリバランスをしよう と思いついた。

Stepは

①自分のポートフォリオのセクター別割合の把握

②目標とするセクター別割合を設定(今回は、S&P500を参考)

③目標との差異を算出

④差を埋めるセクターを選択

①自分のポートフォリオのセクター別割合の把握

セクター別ポートフォリオ 【16年6月25日版】

160626 sector1

どのようにリバランスするか?

それは、S&P500の構成割合を参考にする。

ちなみに、当該portfolioの構成銘柄は以下となる。

私の配当成長ポートフォリオ構成銘柄

銘柄名称優先順セクター
JNJジョンソン・エンド・ジョンソンAヘルスケア
WFCウェルズ・ファーゴA金融
TAT&TA通信
IBMアイビーエムAテクノロジー
PGプロクター&ギャンブルA生活必需品
WMTウォルマートA一般消費財
SOサザン・カンパニーB公益
VZベライゾン・コミュニケーションズB通信
PFFiシェアーズ 米国優先株式 ETFB金融
PFEファイザーBヘルスケア
XOMエクソン・モービルAエネルギー
EMRエマソン・エレクトリックA資本財
GSKグラクソスミスクラインBヘルスケア
MCYマーキュリー・ジェネラルB金融
MCDマクドナルドB一般消費財
VTバンガード・トータル・ワールド・ストックETFB 
IFGLiシェアーズ 先進国(除く米国) 不動産 ETFB不動産
CVXシェブロンBエネルギー
MSFTマイクロソフトBテクノロジー
CINFシンシナティ・ファイナンシャルA金融
BAXバクスターCヘルスケア
NGGナショナル・グリッドB公益
IYRiシェアーズ 米国不動産 ETFB不動産
MOアルトリアB生活必需品
TALTALインターナショナルC金融
SHPGシャイアーCヘルスケア
CATキャタピラーC資本財
AXPアメリカンエクスプレスC金融

②目標とするセクター別割合を設定(今回は、S&P500を参考)

160626 sp500

16年5月末時点

テクノロジーが20%と最大構成セクター。

次いで、金融が16%と続く。

これを、私のポートフォリオと比較してみる。

③目標との差異を算出

S&P500とマイポートフォリオの構成セクター割合の比較

160626 sa

私のポートフォリオは、S&P500と比較して

・通信セクターが多い

・テクノロジーセクターが少ない

事が分かった。

④差を埋めるセクターを選択

まずは、テクノロジーセクター

理由は、S&P500セクター構成割合との差が最大であるから。

このセクター割合を増やす為には、2つの方法がある

・保有銘柄を追加投資する

・非保有銘柄を新規購入する

私が保有しているのは

【IBM】アイ・ビー・エム

【MSFT】マイクロソフト

まずは保有銘柄の追加投資を検討する。

次いで、生活必需品セクター

理由は、安定的であり投資防御力が高いから。

私の保有銘柄は

【PG】 プロクター&ギャンブル

【MO】 アルトリア・グループ

ここはどうするか?

次回以降に要検討。

そんな訳で、

イギリスEU離脱に乗じたセクター別リバランスの方法を検討した。

検討しただけでなく、実行するけどね。

ビバ 米国連続株

See you!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

Translate »