日本人の金融知識は欧米より低い、だから米国株投資した方が良い

スポンサーリンク

日銀が日本における金融リテラシーの大規模調査を実施した。

その結果は燦々たるもの。

ならば個人投資家はどのように対応したらよいか?

調査概要

調査実施期間 :2016年2月29日(月)~3月17日(木)

調査対象 :全国の18~79歳の個人25,000人

調査方法 :インターネット・モニター調査

金融リテラシー調査より

金融リテラシー調査は、18歳以上の個人の金融リテラシー(お金の知識・判断力) の現状把握を目的とする、わが国初の大規模調査。

貯蓄から投資へ の号令のもと、ようやく我が国においてもFACT集めが始まったようだ。

海外調査との比較結果

・ 米国と比較すると、共通の正誤問題に関する正答率は、10%下回っている。

・ ドイツ、英国と比較すると、共通の正誤問題に関する正答率は7~9%下回っている。

160623 financial

予想通り?

日本人の金融知識は欧米より低い。

そりゃそうだ。

金融知識って通常は触れる機会が少ない。

わざとでしょ?ニッポン!

個人投資家としては?

予想通りだけど、さんざんな結果。

ここから考える事は何か?

①投資する機会が少なく、金融知識を学ぶチャンスが乏しい

②投資はしているが、金融知識を学ばずにとりあえずやっている (これ、私)

③学んではいるが、それでも欧米には及ばない

じゃあ、どうする?

①②金融知識を上げたいなら、米国から学べ!

かつての日本人は人まねが上手かったはず。

パクれば良いのだ、パクれば。

先人の知恵を。

欧米の知識を。

知識がないために滅ぼされる、それを防ぐ5つの金融教育
ファイナンシャル教育は次の五つの要素から構成されている。 1.歴史2.言葉の定義3.税金4.借金5.コインの表と裏 金持ち父さんのアンフェア・アドバンテージ: 知っている人だけが得をするお金の真実 (単行...

③学んでいる米国の投資家でもインデックスには勝てないので、インデックス投資しろ!

コツコツ活動が得意でしょ、日本人は。

インデックスをドル・コスト平均法で積立購入。

その際には米国のインデックスが原則。

個人投資家はS&P500をアンダーパフォーム 3.8%対11%
海外では個人投資家のパフォーマンスについて、様々な研究ががる。有名なものは、DALBAR's 21st Annual Quantitative Analysis of Investor Behavior。投信 vs S&...

インデックスに勝つ為には、連続増配銘柄投資!

やっぱり、米国株の連続増配銘柄への投資でしょ。

25年連続増配の配当貴族銘柄は、S&P500に勝るという検証結果がある。

160409 DGI

サラリーマンによる米国株 配当成長投資の5ステップ
サラリーマンである私は米国株 連続増配銘柄を中心に投資を実施中。いわゆる配当成長投資戦略をとっている。2014年から開始したので、2年程経過した。自分の経験から、配当成長投資に必要な事をピックアップしてみた。...

金融素人の私は、この方法でインデックスを上回るリターンを目指す!

終わりに

金融知識が乏しい事を認識した上での投資活動が必要。

日本人より金融リテラシーの高い米国においても、個人投資家のパフォーマンスはインデックスに劣後する。

なので、

欧米の知識を学びつつ

インデックス投資をし

連続増配銘柄への投資をする

そう、これが良い。

See you!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク